国土交通省 用語解説ページ
Back to Home
インデックス 日本語用語解説(五十音順) 英語用語解説(アルファベット順)
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
[O]
ODA 開発途上国の経済発展を支援する政府ベースの援助(政府開発援助)で、二国間援助と国際機関を通じる多国間援助に大別される。二国間援助は贈与と円借款から成り、贈与は更に無償資金協力と技術協力に分けられる。
ODP Oceanic Air Traffic Control Data Processing System:洋上管制データ表示システムのことで、洋上空域を飛行する航空機、または飛行予定の航空機について、飛行計画(フライトプラン)と航空機とのデータリンク通信及びHF通信で得た情報から航空機の位置を算出し、現在の位置や高度、航空機相互の間隔、運航情報などをディスプレイ上に表示し、洋上の航空交通管制に用いる。また、精度を向上させるため人工衛星を経由して入手したADSデータ及びCPDLC情報に基づいた航空機の運航状況を表示し、管制指示や判断の支援を行う。
OECD海運委員会 Organization for Economic Cooperation and Development:経済協力開発機構委員会のひとつで先進国間の海運政策についての討議を通じて、海運自由の原則に基づく自由で公正な国際海運市場の形成に向けた活動を行っている。
OECD観光委員会 OECD委員会のひとつで、国際観光の振興を目的に、加盟国の観光政策のレビューや意見交換等を行っている。
OECD造船部会 Organization for Economic Cooperation and Development:経済協力開発機構理事会直属の専門部会として、世界の造船業における公正な競争条件の確立に向けた活動を行っている。
ORSR Oceanic Route Surveillance Radar:洋上航空路監視レーダーのことで、ARSRの覆域が不足している洋上空域を飛行する航空機を監視するためのレーダーであり、レーダーサイトから約460km以内の空域を飛行する航空機を探知することができ、洋上における航空路管制業務に使用される。
top
All Rights Reserved, Copyright (C) 2003, Ministry of Land, Infrastructure and Transport