ホーム >審判官・理事官の募集

 審判官・理事官の募集について

1.職   種:審判官 [海難審判を主宰し、裁決を行う。]
        理事官 [海難を調査し、審判開始の申立てを行い、審判に立会い、裁決を執行する。]

2.配 属 先:各地方海難審判所(函館、仙台、横浜、神戸、広島、門司、長崎、那覇)

3.待   遇:一般職の国家公務員 [行政職(一)] 65歳定年

4.応募資格 :昭和35年4月2日以降に生まれた者で、次の要件に該当する者
         一級海技士(航海) 又は 一級海技士(機関) の免許を受けた後、2年以上、
         次のいずれかの船舶の 船長 又は 機関長 の経歴を有する者
          ① 近海区域若しくは遠洋区域を航行区域とする船舶
          ② 第三種の従業制限を有する漁船
          ③ 総トン数 1,000トン以上の船舶

5.採用予定数:若干名

6.採用予定日:平成29年4月1日(応相談)

7.応募方法 :下記の書類等を郵送(直接持参も可)
         (1) 履歴書(市販のもの可
【word版】【pdf版】。写真貼付)
         (2) 上記4.の応募資格を証明するもの
         (3) 「審判官・理事官を志望するにあたって」と題する小論文(800文字以内)
             ※提出先 海難審判所総務課総務係
              〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-2
                     電話  03-5253-8821(内線55113又は55114)
            締切日 平成28年11月18日(金) 必着

8.選考方法 : (1) 一次選考【書類審査】
         (2) 二次選考【面接試験】
            面接日時:一次選考合格者に別途お知らせします。
            面接場所:海難審判所等
         (3) 合格通知 採用予定日の1ヶ月以上前を目途に本人あて通知

9.給 与 等:「一般職の職員の給与に関する法律」に基づき支給します。
          基 本 給 317,000円 ~ 409,000円 (経歴、実務経験等により決定します。)
          特別調整額 月額 72,700円
          地域手当  基本給、特別調整額及び扶養手当の合計額に地域毎の支給割合を
               乗じた額を支給
          扶養手当  要件を満たす被扶養者について支給
          通勤手当  実費(月額上限 55,000円)
          住居手当  賃貸の場合、家賃の一部を支給(月額上限 27,000円)
          期末手当・勤勉手当  6月・12月に支給
          昇  給  年1回
          退職手当  最低6ヶ月以上勤務した場合に支給

10.そ  の  他:(1) 履歴書等は、合否の結果にかかわらずお返しできません。
         (2) 現在会社等に勤務している者は、採用にあたって所属する会社等の同意書が
           必要となります。
         (3) 日本の国籍を有しない者及び国家公務員法第38条の規定に該当する者は、
           応募できません。

                         お問い合わせ:海難審判所総務課総務係
                          電話  03-5253-8821(内線55113又は55114)

                  
   トップページへ