JSTB 運輸安全委員会

シンボルマーク

 運輸安全委員会では、組織基盤の充実の一環として、平成24年3月にシンボルマークを作成しました。運輸安全委員会のビジュアル・アイデンティティとして、広報活動等に使用しています。

シンボルマーク

コンセプト

 球体は、他から影響を受けることない、公正・中立の立場を維持し続けるという決意と、運輸安全委員会が一丸となって事故の原因究明を行い、再発防止及び被害の軽減等を推進していくという意志、そして国際協力を展開し世界における運輸の安全性向上に貢献するというグローバルな活動をイメージしています。
 球体の周りを走る3本のラインは、それぞれ空路、陸路、海路を表現しています。
 また、球体の色は安全をイメージして青色と緑色の中間色としました。
 「JTSB」は運輸安全委員会の英文名称である「Japan Transport Safety Board」の頭文字であり、日本(Japan)の運輸安全委員会(Transport Safety Board)であることをデザインで表現しました。

このページのトップへ