メニューを飛ばしてコンテンツへ進む
サイト内検索

 「観光活性化標識ガイドライン」について
ラインBack to Home

平成17年6月30日
<問い合わせ先>
総合政策局
事業総括調整官室

(内線24543)

観光地域振興課

(内線27258)

TEL:03-5253-8111(代表)


 

 内閣総理大臣主宰の「観光立国懇談会」において、観光立国の推進にあたっての基本的な考えが『観光立国懇談会報告書』として取りまとめられており、その中で「今日の日本の観光インフラは、外国人にとって決して親切に設計されているとはいい難い。日本の街は、外国人が一人歩きしにくい状況にある。」等の指摘がなされているように、日本人、外国人を問わず、訪問先の地理に不案内な観光客が安心して一人歩きできる環境を整えていくことが、観光立国を推進していく上で重要な施策のひとつとなっています。
 このため、国土交通省では、徒歩や公共交通機関によって移動する観光客の多くが必要とする観光情報を現地において提供することができる案内標識について、整備の際に留意すべき事項をとりまとめ、パブリックコメントを経て、本日、別添1のとおり「観光活性化標識ガイドライン」(以下、「ガイドライン」という。)を策定し、都道府県・政令指定都市、国土交通省各地方支分部局等に通知いたしました。

 また、実際にモデル的な地域でガイドラインに沿った案内標識整備計画の策定を支援して他の地域の範となるような案内標識の先進的な事例をつくるとともに、案内標識整備計画の策定過程で改善すべき点があればガイドラインに反映させることを目的とし、別添2のとおり「観光活性化標識ガイドライン」のパイロットケースを募集します。

 

※ガイドライン及び応募に必要な書類等の様式については、国土交通省ホームページにアクセスすれば、入手することができます。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/hyoshiki/index.htm

 


(別添資料)

 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
 Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ
(ダウンロード)

ライン
All Rights Reserved, Copyright (C) 2005, Ministry of Land, Infrastructure and Transport