航空

無人航空機の目視外及び第三者上空等の飛行に関する検討会

1.背景・趣旨

 平成27年12月7日に設立された「官民協議会」において「小型無人機の更なる安全確保のための制度設計の方向性」(平成28年7月29日)及び「空の産業革命に向けたロードマップ」(平成29年5月19日)が取りまとめられた。 これらにおいて、無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行の本格化に向けて必要な技術開発と環境整備を進めることとしている。  無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行について、機体の機能及び性能、無人航空機を飛行させる者並びに安全を確保するための体制に求められる要件等を明らかにするため、経済産業省と共に「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会」を設立した。

2.委員

検討会委員名簿

ページの先頭に戻る