航空

本邦を発着する国際旅客チャーター便に係る規制の見直しについて

 本邦を発着する国際旅客チャーター便について、平成28年4月に、包括旅行チャーター便に係る個札販売の要件を緩和しましたが、平成29年3月28日に閣議決定された「観光立国推進基本計画」において、「更なる航空自由化の推進を図るため、チャーター便に係る規制のあり方を見直す」とされております。
 上記を踏まえ、チャーター便に対する潜在的な需要を掘り起こし、観光立国の更なる推進を図るため、平成29年8月8日に「本邦を発着する国際チャーター便の運航について」(平成22年10月22日国空国第1769号・国空事第463号)について、所要の改正を行いましたので、お知らせいたします。

本邦を発着する国際旅客チャーター便に係る規制の見直しについて(概要)


(参考)
 なお、国土交通省では、航空に係る技術的な規制の見直しを行っており、平成29年8月2日に交通政策審議会航空分科会技術・安全部会で報告書をとりまとめております。その中で、技術的な要望が主ではない航空運送事業分野の要望(要望番号160~164)について、本年度内に対応することとしておりますので、あわせてお知らせいたします。
航空に係る技術的な規制の見直しについて(報告書)


お問い合わせ先

国土交通省航空局航空ネットワーク部航空事業課
電話 :(直通)03-5253-8706

ページの先頭に戻る