航空

成田国際空港の施設変更許可について

 現在、国土交通省では首都圏空港の更なる機能強化を進めており、成田空港については、高速離脱誘導路の整備により、まず、1時間あたりの滑走路処理能力(時間値)を現行の68回から72回へ拡大する計画です。
  平成28年12月6日、成田国際空港株式会社から、時間値の拡大に伴い必要となるエプロン・誘導路等の整備について、航空法第43条第1項の規定に基づく変更許可申請がなされ、本件については、空港の範囲の変更を生じることから、平成29年1月31日に公聴会を開催するとともに、所定の審査を行いました。その結果、平成29年3月10日、同申請を許可いたしました。

               記

1. 施設変更の概要(別図参照
 ・空港の範囲変更(約20ha拡張)
 ・エプロン新設(約180,000 ㎡)、誘導路新設(約1,900m)
 ・供用開始の予定期日 平成34年1月31日

2. 公聴会の概要
 ・公 述 人:4人(賛成4人)    
 ・開催場所:芝山文化センター(千葉県山武郡芝山町小池973番地)

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

航空局 航空ネットワーク部 首都圏空港課 成田国際空港企画室山口、大阪谷
電話 :03-5253-8111(内線49334、49308)

ページの先頭に戻る