地方振興

半島振興対策の推進

印刷用ページ

 半島地域は、国土の保全、多様な文化の継承、自然との触れ合いの場及び機会の提供、食料の安定的な供給等の我が国における重要な役割を担っていますが、三方を海に囲まれ、平地に恵まれず、幹線交通体系から離れているなどの制約の下にあることから、産業基盤や生活環境の整備等について他の地域に比較して低位にあり、また、人口減少、高齢化が進行するなど厳しい状況にあります。  このような半島地域の振興を図るため、昭和60年に半島振興法が10年の時限立法として制定され、各種施策が講じられていますが、依然として半島地域は厳しい状況にあることから、平成27年3月に、3度目の期限延長・内容の充実がなされました。

(1) 半島振興法の概要

・条文
・概要ポンチ絵

[1]半島振興対策実施地域の指定

半島振興対策実施地域

 主務大臣※1は、都道府県知事の申請に基づき、半島振興対策実施地域を指定することとされています(現在、23地域(22道府県))。

 関係都道府県は、半島振興対策実施地域の指定があったときは、半島振興計画を作成し、主務大臣※2に協議してその同意を得ることとされています。

※1 国土交通大臣、総務大臣及び農林水産大臣

※2 国土交通大臣、総務大臣、農林水産大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、経済産業大臣及び環境大臣

半島振興対策実施地域名一覧

半島振興対策実施地域対象市町村一覧

[2]具体的な支援措置

 半島振興計画の円滑な達成等を図るとともに、地域産業の振興等による雇用機会の創出と地域経済力の強化に資するため、財政、金融、税制等様々な側面からの支援措置が講じられています。
 
ア 財政上の措置
  半島地域の振興上重要な道路・施設の整備等を促進するため、関係省庁において、各種の財政上の支援措置が講じられています。
 ・半島循環道路等の整備
 ・基幹的な市町村道等の都道府県代行整備
 ・地方税の不均一課税に伴う措置
 ・その他の主要措置
 半島振興道路整備事業債の措置、辺地法の対象地域の拡大、農道整備事業の採択基準の緩和、地方道(都道府県道)の1次改築に係る採択基準の緩和、広域化促進地域上水道施設整備事業の補助採択基準の緩和等
 
イ 金融上の措置
 ・企業活力強化貸付制度(株式会社日本政策金融公庫による融資)
   過疎地域等の条件不利地域における中小企業者の企業立地等による産業振興を通じ、当該地域経済の活性化及び雇用の促進を図るために必要な資金の貸付に関し、貸付利率、貸付限度等に特例が設けられています。
   当該貸付制度の概要については、こちら をご覧ください。
 ※平成28年度からの制度概要については、こちらをご覧ください(28年度より制度が拡充されます)。
 (参考)(株)日本政策金融公庫ホームページ
 
ウ 税制上の措置
 半島振興対策実施地域における雇用機会の拡大、安定的な就業機会の確保のための小規模零細な事業者を含めた民間事業者による投資促進を通じた内発的発展を図るため、税制上以下のような支援措置が講じられています。
 ・割増償却(国税:所得税・法人税、対象:製造業・旅館業・農林水産物等販売業・情報サービス業等)
 詳細は、「半島・離島・奄美群島における割増償却制度」をご参照ください。

(2)半島振興広域連携促進事業

 半島地域の自立的発展に向けた地域間交流の促進、産業の振興、定住促進を図るため、半島地域内の様々な主体が地域資源や特性を活かして実施する取組を道府県がパッケージ化して一体的・広域的に推進するソフト施策に対する支援を行います。

 ・概要ポンチ絵
 ・実施要綱
 ・交付要綱



(3)平成25年度調査事業(半島地域振興対策事業の概要 )

  半島地域の自立的発展を目指し、地域の多様な資源を活用した産業の創出につながる自主的かつ継続的な地域づくり活動を活発化させるとともに、都市と半島地域、半島地域間の交流・連携を促進する取組等を行います。

[1]半島地域活性化の多様な担い手形成促進調査

○半島における地域づくり活動の活性化を担う人材の育成を行うため、市町村職員、地域づくり団体、一般住民、地元企業など世代・地域・分野を超えた様々主体の参画のもとに行われる地域づくり活動を支援します。
 ・半島担い手強化プログラム実施地域の募集は締め切りました。
  (参考) 「平成25年度「半島担い手強化プログラム」実施地域の募集について」

○半島に共通する課題やノウハウを共有するため、各半島の活動主体が集まり広く意見交換を行う機会を設定します。
 ・平成25年度は、、日本デザインコミッティー(http://designcommittee.jp/gallery/)との共同での主催により、平成26年1月29日(金)から2月25日(火)まで、松屋銀座7階・デザインギャラリー1953 において、「半島と食」をテーマとした展示やデザインサロントークを行います。
  詳細は、「半島のじかん2014 半島の台所」をご参照ください。


 (これまでの開催状況)
  ・平成19年度(熊本県宇土天草地域)
  ・平成20年度(高知県幡多地域)
  ・平成21年度(青森県下北地域)
  ・平成22年度(長崎県島原地域)
  ・平成23年度(東京都千代田区)
  ・平成24年度(東京都千代田区)

[2]半島地域内発的産業創出支援調査

○半島地域の地域資源を新たな価値として社会に提示するため、農林水産業の6次産業化、観光等を中心とした地域活性化に資する取組について、他地域と差別化する方策、多様な消費者ニーズを踏まえた半島地域の地域資源の活用方策の検討を行う取組を支援します。

お問い合わせ先

国土交通省 国土政策局地方振興課 半島振興室
電話 :(03)5253-8111(内線29552 , 29553)
ファックス :(03)5253-1588
  • 半島・離島・奄美群島における割増償却制度

ページの先頭に戻る