海事

女性船員の活躍促進に向けた女性の視点による検討会

 内航船員は、50歳以上が約半数を占めており、高齢船員の退職に伴う船員不足が懸念されていますが、女性船員の割合は、わずか2%にとどまっており、女性の参画が少ない状況です。
 内航海運の活性化に向けた今後の方向性検討会においても、女性船員の拡大に向けた取組の重要性を指摘されています。
 ついては、今後の労働力人口の減少を見据え、まずは、女性の視点による、船員や船員になろうとする者、海運事業者それぞれの立場から課題を整理し、有識者の意見を伺いながら、女性船員の活躍促進に向けた提案をとりまとめることを目的に、「女性船員の活躍促進に向けた女性の視点による検討会」を立ち上げ、検討を開始しました。


◇第1回(平成29年6月30日)
開催案内

議事次第
資料1-1 女性船員の活躍促進に向けた女性の視点による検討会の設置について
資料1-2 委員名簿
資料1-3 スケジュール
資料2  女性船員の現状等について
資料3  海運業界における男女共同参画推進のための研究(石田委員提供資料)
参考資料 女性活躍推進に関する政府全体の動向 他

議事概要

 

お問い合わせ先

国土交通省海事局船員政策課服部、増田
電話 :03-5253-8111(内線45-126、45-127)
直通 :03-5253-8647
ファックス :03-5253-1643

ページの先頭に戻る