海事

船員安全・労働環境取組大賞とは

  第10次船員災害防止基本計画における取組の一環としてスタートした表彰制度で、船舶所有者、船員及びその関係者が行っている、船員の 1)労働災害防止、2)安全運航、3)健康管理、4)労働支援に係る優れた取組を「船員安全・労働環境取組大賞」として表彰し、その取組の普及啓発、活用促進を図ることにより、船員災害及び海難の防止とともに、船員の労働環境の向上に貢献することを目的としています。
 ※安全運航、健康管理、労働支援に対する取組は、平成29年度より新たに受賞対象に追加されました。   
 ※大賞の略称を、英語表記(Award for Safety and Smart Environment for Seafarers)の頭文字をとり、「SSS(トリプルエス)」と 定めています。

大賞及び特別賞の選定等
  応募のあった取組の中から、「船員災害防止モデル事業検討委員会」において審査の上、船員安全・労働環境取組大賞及び特別賞を選定します。
  選定された取組は、海事局長による表彰状の授与を行ったのち、国土交通省ウェブサイト等で公表するほか、受賞者は「船員安全・労働環境  取組大賞(又は特別賞)」のロゴマークを使用することができます。
  また、毎年9月に実施している「船員労働安全衛生月間」で、その取組を広く紹介し、船員の労働環境の向上を図っています。

船員安全・労働環境取組大賞ベストプラクティス集
   平成26年度から29年度までの大賞、特別賞受賞者及び応募者の優れた取組をベストプラクティス集にまとめました。
   船舶所有者や船員の皆様におかれては、ベストプラクティス集をご覧いただき、船員の安全や労働環境の向上に資する取組の参考として下さい。
   →ベストプラクティス集はこちら

   また、船員労働災害防止優良事業者(1級)認定後、継続して7年間認定されている船舶所有者及び前回の表彰から継続して7年間認定されている船舶所有者に、船員安全推進賞を授与し、表彰しています。

   →船員安全推進賞の受賞者一覧はこちら

平成30年度 船員安全・労働環境取組大賞(SSS)及び特別賞

船員災害防止モデル事業検討会において、平成30年度の受賞者を決定しました。  

船員安全・労働環境取組大賞

受賞者:宮崎カーフェリー株式会社(宮崎県宮崎市)
取組の名称:止めるなPDCA!安全文化の形成に向けた年輪育成プロジェクト!
取組の部門:安全運航
取組の概要及び選定理由
 船内での火災発生時に、迅速・適確に対応するため、消火プランを策定し、原案の作成→訓練の実施→課題の抽出及び検証→問題点の改善等の一連のプロセスによるPDCAを発展、継続して実施し、装備・設備・排煙方法等にいたるまで、徹底的に改善を行った。
 また、消火プランを全乗組員に浸透させるべく、経験に関係なく確実に初動対応を行えるよう、フローチャートを視覚化する等の工夫を行った。
 さらに、機関室における消火プランも検討するなど、PDCAサイクルの改善は現在も継続しており、こうした取組を通して、乗組員の防火に関する技術・知見のレベルアップを図ることで、会社全体の安全文化の形成につながっている。
 このように、徹底、継続した改善への取組が特に評価された。
 

船員安全・労働環境取組特別賞

受賞者:株式会社菅原組(北海道函館市)
取組の名称:UAV(ドローン)による空撮により、航路確認や測量を実施(労働支援対策)
取組の概要及び選定理由
  作業船にUAV(ドローン)を常備し、初めて施工する現場付近の海域を空撮し、施工箇所付近の浅瀬や障害物の確認を行った上で航行経路を検討することにより、船舶の安全運航に役立てている。
 また、転落の危険性を伴う消波ブロック上での据付後の測定にもドローンを活用し、船員労働の省力化とともに、作業の安全性向上を図っている。
 このように、ドローンを活用するという先進性が特に評価された。

表彰状授与式

日時:平成30年9月5日(水)11時~
場所:国土交通省海事局長室

 大賞の宮崎カーフェリー株式会社からは穐永社長(写真左)が、特別賞の株式会社菅原組からは菅原社長(写真右)が
出席され、水嶋 海事局長から表彰状を授与しました。

     


  表彰状授与の後は、海谷 審議官も加わり、両社の取組についてご紹介いただき、今後の船員の確保・安全対策の
あり方について幅広く意見が交わされました。

  

お問い合わせ先

国土交通省海事局船員政策課 労働環境対策室
電話 :03-5253-8111(内線45-144)
ファックス :03-5253-1643

ページの先頭に戻る