海事

津波救命艇について

印刷用ページ

 平成23年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」では、地震に加え巨大な津波が発生し、東北地方の太平洋岸を中心に甚大な被害をもたらしました。我が国では、当該震災以降も今後数十年以内に大型の地震が発生することが予想されています。

 津波から身を守る手段としては、高台やビルなどの高所への迅速な避難が基本ですが、一方で、速やかな避難が困難なケース(高所が無い地域における避難、 幼児・高齢者等要援護者の避難、災害対応職員の避難等)も想定され、様々なケースに適応する津波防災対策の確立が急務となっています。

 このような中、国土交通省では、大型の船舶等に搭載が義務付けられている船舶用救命艇の技術を活用した「津波対応型救命艇」(以下、「津波救命艇」という)を考案し、「津波対応型救命艇に関する検討会」(平成24年2月四国運輸局に設置)の審議等を踏まえ、津波救命艇が備えるべき機能要件等を「津波救命艇ガイドライン」として取りまとめました。

津波救命艇パンフレット 【PDF】 (四国運輸局作成)

津波救命艇ガイドライン 【PDF】

 

津波救命艇のPRに関する情報

平成28年11月5日「大規模津波防災総合訓練」における石井大臣の津波救命艇視察

津波救命艇外観

津波救命艇内を視察する石井大臣

 平成28年11月5日、高知県高知市において「平成28年度 大規模津波防災総合訓練」(主催:国交省・高知県・高知市)が実施され、石井国土交通大臣が参加しました。
 訓練において、津波に対する避難施設の一つとして、津波救命艇が四国運輸局及び(一財)四国港湾福利厚生協会により会場内に展示され、石井大臣も津波救命艇を視察しました。

「大規模津波防災総合訓練」に石井大臣が参加(2016年11月5日)

平成28年11月5日「近畿地方整備局・大阪府・堺市合同総合防災訓練」における津波救命艇展示

 

 

 平成28年11月5日、大阪府堺市において「近畿地方整備局・大阪府・堺市合同総合防災訓練」が実施され、津波から命を守る施設として津波救命艇が展示されました。

お茶の水女子大学附属中学校によるポスター作成

 お茶の水女子大学附属中学校の「コミュニケーション・デザイン科」で、「復興支援を考える~支援プロジェクトを企画・実行する」というテーマのもと、生徒グループにより津波救命艇のPRポスターが製作されました。本ポスターは、平成28年8月27日から9月2日まで東京地下鉄(株) 池袋駅構内に掲示されました。

津波救命艇ポスター【PDF】(お茶の水女子大学附属中学校CD科M2グループ製作)

評価済津波救命艇に関する情報

 ガイドラインの機能要件等を満たすことについて、第三者機関による評価を受けた津波救命艇(評価済津波救命艇)に関する情報は以下の通りです。

評価済津波救命艇一覧 【PDF】(平成28年9月30日現在)

津波救命艇の設置に関する情報

   全国に設置されている津波救命艇の情報は以下の通りです。
 当該情報は評価済津波救命艇と同じ形式の津波救命艇について、所有者より提供された情報を元にしています。

津波救命艇の設置に関する情報一覧 【PDF】(平成29年6月21日現在)
 

【情報申告様式】

 評価済津波救命艇に関する情報又は津波救命艇の設置に関する情報の申告及び当ホームページへの掲載を希望する場合は、下記様式を記入の上、電子メールまたはFAXにてにて国土交通省海事局船舶産業課まで、提出ください。

評価済津波救命艇に関する情報申告様式 【WORD】

津波救命艇の設置に関する情報申告様式 【WORD】

 【提出先】
 国土交通省海事局船舶産業課
 ファックス:03-5253-1644
 電子メールアドレス:下記担当までお問合せください

【参考】

 四国運輸局ホームページ 津波救命艇に関する情報

お問い合わせ先

国土交通省 海事局 船舶産業課居石、小松
電話 :03-5253-8111(内線43-654、43-655)
直通 :03-5253-8634

ページの先頭に戻る