砂防

土砂災害防止月間

 地球温暖化に伴う気候変動により、熱帯低気圧の強度が増大するとともに、大雨の頻度も増加する可能性が高く、土砂災害の増加、激甚化が懸念されています。  国土交通省では、土砂災害の防止と被害の軽減を目的に、昭和58年より6月を「土砂災害防止月間」と定めています。

土砂災害防止月間の主な取り組み

国土交通省は都道府県、市町村等と連携し、住民参加を主とする諸行事や活動に重点を置き、土砂災害防止意識の普及活動、警戒避難・情報伝達体制の整備等を推進します。

  • 平成30年度 土砂災害防止月間(小学生)
  • 平成30年度 土砂災害防止月間(小学生)

ページの先頭に戻る