下水道

第7回 雨道場との合同会議~雨水管理について~

 日時:平成26年9月10日(水)、11日(木)
 場所:国土交通省 中央合同庁舎3号館10階共用会議室A
         京浜河川事務所鶴見川流域センター
 参加人数:68名

<開催概要>

 第7回下水道場は、2日間にわたり「雨水管理」をテーマとして、「雨道場(雨水管理に関する人材育成のための通信教育システム)」との合同会議を開催しました。1日目は、東京大学大学院 古米教授から道場メンバーへのビデオレターによるメッセージや大阪市からの事例紹介の後、コンサルティング会社における雨水管理の専門家である「雨の鉄人」のサポートのもと、整備の優先順位の考え方について議論しました。2日目には、京浜河川事務所工事品質管理官 齋田氏に講演頂くとともに、鶴見川流域センターや鶴見川多目的遊水地を視察し、河川における雨水対策についても学習しました。

<次第>
【9月10日】
○第1部
 国土交通大臣賞「循環のみち下水道賞」表彰式参加

○第2部(グループディスカッション等)
  1.開会
 2.国土交通省からの情報提供
 3.東京大学 古米教授からのメッセージ
 4.事例紹介(大阪市の浸水対策事業について)
 5.雨水管理の基礎学習
 6.グループディスカッション、発表
  議題「整備の優先順位の考え方について」
 7.閉会

【9月11日】
○第3部(現場研修)
 ・下水と河川の連携による鶴見川流域の総合治水対策について
 ・鶴見川多目的遊水地等視察
 



第7回結果報告(PDF形式:1,435KB)PDF形式

ページの先頭に戻る