下水道

第11回 ~広域化・共同化による新たな事業展開に向けて~

 日時:平成28年2月5日(金)13:00~17:00
 場所:国立記念青少年総合センター センター棟501会議室

 参加人数:83名

<開催概要>

 第11回下水道場は、「地方版道場の活性化」として、栃木県の「マロニエ下水道場」、埼玉県の「彩の国下水道塾」、岡山県・市の「岡山県版下水道場」、広島市の「下水道場広島支部」、福岡県の「とびうめ下水道場」を発表いただき、運営のノウハウやテーマ設定等について学んだほか、「広域化・共同化による新たな事業展開について」をテーマに、グループを近隣都道府県や市町村と仮定して、各団体の下水道事業の強み・弱みを洗い出し、その上で広域化・共同化に取り組みたい分野(維持管理、資源利用など)とその効果について議論しました。

<次第>
1.開会
2.地方版道場の紹介
 ・「マロニエ下水道場」(栃木県)
 ・「彩の国下水道塾」(埼玉県)
 ・「岡山県版下水道場」(岡山市)
 ・「下水道場広島支部」(広島市)
 ・「とびうめ下水道場」(福岡県)
3.グループディスカッション
 議題「「広域化・共同化による新たな事業展開について」
 ・国土交通省からの情報提供
 ・地方公共団体からの事例紹介(秋田県)
 ・グループディスカッション
 ・発表
 ・講評
4.閉会



第11回結果報告 (PDF形式:2,207KB)PDF形式

ページの先頭に戻る