下水道

プロジェクトGAM(ギャム)データベースを運用開始!

 国土交通省と土木学会環境工学委員会では、昨年度より、大学等の研究をより社会実装していくために、“水環境分野の学の研究内容を体系的にマッピング”し、産官学の連携を強化することを目的としたプロジェクト「プロジェクトGAM(Gesuido Academic Mapping)」に取り組んできました。
 今年度は、特に「学」と「官」の連携強化を図るため、「学」は研究者・研究内容(研究テーマ)や地方公共団体に対する要望等の情報を、「官」は事業課題や共同研究・フィールド・データ提供等協力可能な情報を登録して、学官が互いの状況を把握するためのデータベースを構築し、この度、運用を開始することとなりました。
 本データベースを積極的に活用し、学官の連携を図り、大学等における水環境分野の研究を具体の下水道事業に効果的につなげ、地域における水環境の課題解決に役立てていただければ幸いです。
 
  1.GAMデータベースのURL
    https://www.project-gam.jp/ 
  2.備 考
   ・現在、データベースへの新規登録は学官のみに制限しております。

   ・平成29年度に、産の参画や産官学の効果的なマッチング方法等を検討し、データベースを改良する予定です。

ページの先頭に戻る