下水道

・下水道BCP策定マニュアル改訂検討委員会

 国土交通省では、被災時においても下水道が果たすべき公衆衛生の確保、浸水防除、公共用水域の水質保全等の機能を速やかにかつ高いレベルで確保するため、平成21年11月に「下水道BCP策定マニュアル(地震編)~第1版~」を、平成24年3月に「下水道BCP策定マニュアル(地震・津波編)~第2版~」を策定し、下水道管理者によるBCPの策定を推進してまいりました。
 今般、平成28年熊本地震で明らかになった課題を踏まえ、下水道事業における災害対応をより迅速かつ適切なものとするため、委員会を設置し検討を行い、下水道BCP策定マニュアル(地震・津波編)を改訂しました。

下水道BCP策定マニュアル2017年版(地震・津波編)(PDF形式:7,378KB)
参考資料1~16(PDF形式:9,926KB)
巻末資料1 最低限の下水道BCP(Word形式:376KB)Word形式
巻末資料2 必要な項目が網羅された下水道BCP作成例(Word形式:1,123KB)Word形式
下水道BCP策定マニュアル(地震・津波編)改訂について(PDF形式:839KB)
 

・開催状況

・第1回改訂検討委員会(2017/4/21) 資料  議事要旨(PDF形式:210KB)

・第2回改訂検討委員会(2017/6/27) 資料  議事要旨(PDF形式:207KB)

・第3回改訂検討委員会(2017/8/9)  資料  議事要旨(PDF形式:268KB)

ページの先頭に戻る