下水道

各団体における取組事例

 下水道施設については、急速な老朽化による維持管理・更新費用の増大が見込まれる一方で、これを管理する地方公共団体においては、職員の減少や人口減少に伴う経営環境の悪化等が予想されることから、アセットマネジメントの導入による効率的な下水道事業の運営が求められているところです。
  このため、「平成30年度 下水道分野におけるアセットマネジメントに関する人材育成業務」において、アセットマネジメントの導入による効率的な下水道事業の運営を図ることを目的とし、全国の地方公共団体を対象に研修を実施したところです。

今後の下水道事業運営の参考としていただくために、 人材育成に関連する国等の取組事例を公表いたします。


人材育成に関連する取組例(640KB)PDF形式

ページの先頭に戻る