道路

全国のITSスポット設置箇所

高速道路本線上

2011年、高速道路上を中心にITSスポットを全国約1,600箇所に設置し、サービスを開始。


  • ITSスポット配置の考え方
  • 都市間高速道路:JCT(約90箇所)の手前も含め、おおむね10~15kmおきに設置
  • 都市内高速道路:約4kmおきに設置

従来のビーコンとの比較

  • 高速・大容量通信が可能
  • ITSスポットでは、最大約1,000kmの道路の区間ごとの所要時間データがカーナビに提供(これまでは最大約200km)。
  • さらに、ITSスポットは1箇所で最大4枚の簡易図形の情報提供が可能(これまでは1枚のみ)。

  • 情報を蓄積し、特定の地点で表示が可能
  • 道路上の全線に連続的に擬似的なスポットが設置されていることになる。

 →これにより、高速道路上の任意の場所でサービスを受けることができます。


ITSスポットの設置箇所

image


  • ITSスポット設置箇所

  • サービスエリアや道の駅など

東名高速、新東名高速、名神高速の全サービスエリアを含め、サービスエリア・パーキングエリアや道の駅などにITSスポットを約60箇所設置。

image

サービスエリアや道の駅のITSスポット配置図(PDF)

ページの先頭に戻る