道路

審議会・委員会

道路関連の審議会、委員会等の議事概要などについてご紹介します。

社会資本整備重点計画の策定など、社会資本整備全般について総合的な審議をおこなっています。

  • 道路分科会
  • 持続可能な経済・社会の構築、安全で安心できる暮らしの実現など新しい課題に対応した道路政策のあり方について審議を行っております。
  • 基本政策部会
  • 今後の道路政策のあり方に関する事項について審議を行っています。
  • 国土幹線道路部会
  • 国土幹線道路(主に高速自動車国道・直轄国道)に関する制度等について審議を行っています。
  • 事業評価部会
  • 直轄事業等の事業評価及び事業手法について意見を聴取すること等を目的として審議を行っています。
  • 道路メンテナンス技術小委員会
  • 道路の維持管理に関する技術基準類やその運用状況を総点検し、道路構造物の適切な管理のための基準類のあり方の調査、検討を行っています。
  • 地方小委員会
  • 直轄事業の事業評価など地方における道路事業の効率的な実施に関し、意見を聴取すること等を目的として、地方ごとに審議を行っています。

国土開発幹線自動車道建設法及び高速自動車国道法により定められた事項の審議を行っています。

独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構の業務実績の評価等について、 第三者的立場から、客観的かつ中立公正の見地より審議しています。

「学」の知恵、「産」の技術を幅広く取り込み、道路政策の質を向上させるため、同会議を開催することとしました。

道路事業における官民連携を推進するため、道路空間のオープン化(民間開放)や、道路事業における民間資金活用等について検討を行うため、有識者により、本研究会を開催することとしました。

PPPによる直轄駐車場の管理運営に関する検討を行うため、本検討委員会を設置しました。

今後の高速道路の整備、管理、料金、負担のあり方について幅広く検討するため、「高速道路のあり方検討有識者委員会」を設置します。

安全で快適な自転車利用環境の創出に向けた検討を行うため、国土交通省道路局と警察庁交通局が共同で開催。

東京五輪に合わせ緊急的に整備されてから、既に半世紀近くが経過し、高齢化が進みつつある首都高速道路について、再生の基本的な方針について検討するため、「首都高速の再生に関する有識者会議」を設置します。

高速道路上の自動運転を実現するシステム(オートパイロットシステム)について、その実現に向けた課題の整理・検討等を行うため、国土交通大臣政務官主宰の下、「オートパイロットシステムに関する検討会」を設置します。

国道(国管理)の今後の維持管理のあり方について幅広くご議論いただくため、「国道(国管理)の維持管理等に関する検討会」を設置します。

近年の気象状況の変化や自動車への依存度の高まり等による冬期交通のあり方の変化等を踏まえ、今後の冬期道路交通の確保のあり方について幅広くご議論いただくため、「冬期道路交通の確保のあり方に関する検討委員会」を設置します。

今後の物流施策の在り方について提言を得ることを目的として、新しい総合物流施策大綱の策定に向けた有識者検討委員会を開催いたします。

平成24年12月2日に発生したトンネル天井板の落下事故を受けて、落下の発生原因の把握や、再発防止策等について専門的見地から検討するため、「トンネル天井板の落下事故に関する調査・検討委員会」を設置します。

欧米の多くの国で導入され、交通事故削減のための取り組みとして、その導入が期待されているラウンドアバウトに関して、わが国での整備における技術的な課題について専門的見地から審議を行うため、「ラウンドアバウト検討委員会」を設置します。



※過去の「道路審議会」、「委員会」等については下記のページをご覧ください。

ページの先頭に戻る