道路

5.踏切対策

5-1 ソフト・ハード両面からできる対策を総動員

  • 立体交差化、構造の改良、歩行者等立体横断施設の整備等に加え、当面の対策(カラー舗装等)や踏切周辺対策(駅周辺の駐輪場整備等で踏切横断交通量を低減)等、ソフト・ハード両面からできる対策を総動員し、踏切対策を推進します。

① 連続立体交差化

  • 鉄道を連続的に立体交差化(高架化または地下化)することで複数の踏切道を一挙に除却する。

② 単独立体交差化

  • 道路又は鉄道を単独で立体交差化し、踏切道を除却する。

③ 踏切拡幅

  • 幅員の狭い踏切道において、歩道新設、歩道拡幅、車道拡幅等の改良を行うことで、踏切を通行する歩行者等の安全性を向上させる。

④ カラー舗装

  • 踏切道の舗装を着色し、自動車と歩行者等の通行空間を分離することで、踏切を通行する歩行者等の安全性を向上させる。

⑤ 歩行者等立体横断施設の整備

  • 踏切道の近傍に横断歩道橋などの立体横断施設を整備し、踏切道の横断交通量を減少させる。

⑥ 自由通路の整備

  • 駅構内に自由通路を整備し、踏切道を通行する歩行者等を迂回させることで、踏切道の横断交通量を減少させる。

⑦ 駐輪場・駅前広場の整備

  • 駐輪場や駐車場、駅前広場、駅乗降口を鉄道線路の両側に整備し、駅を利用する歩行者やバス・自動車等が踏切道を横断しなくても駅を利用できるようにすることで、踏切道の横断交通量の減少を図る。

⑧ ボラードの設置による交通転換

  • 踏切道の出入口にボラードを設置し自動車等の侵入を防ぐことで、踏切道を通行する歩行者等の安全性を向上させる。

05a

図5-1 踏切対策のイメージ

5-2 地方踏切道改良協議会

  • 指定した踏切道について、地方踏切道改良協議会を活用し、道路管理者と鉄道事業者が、地域の実情に応じた踏切道改良計画を順次作成、進捗を見える化することで、効果的な踏切対策を推進します。

05b

図5-2 地方踏切道改良協議会による進捗の見える化

5-3 段階的な踏切対策の推進

  • 連続立体交差などの抜本的な対策は、事業完了までに長期の期間を要するため、道路管理者と鉄道事業者が一体となった、段階的な取組による効果的な踏切対策を推進します。

05c

図5-3 段階的な踏切対策の推進

ページの先頭に戻る