道路

技術研究開発の概要

目的

0
1
そのために、「学」の知恵、「産」の技術が幅広く取り込める自由度を持つ10の「政策領域」を設定。
「重点施策・予算作業」に合わせて、国土交通省内で「政策の現状と基本方向」を十分議論し、共有。
個別の技術研究開発テーマは、政策領域ごとの基本方向の下、「要求水準」を設定・明示。
学識経験者から構成される「新道路技術会議」を開催し、研究成果の評価、並びに次年度の政策領域毎の基本方向及び研究テーマ、委託研究及び共同研究の公募案件等の審議を実施。
2
テーマ毎に「産学官連携委員会(コンソーシアム)」を設置。
検討期間を通じ、産学官の知恵の受け渡しを継続。

道路政策の技術研究開発のしくみ

3
4
「新道路技術会議」(委員長:前川宏一教授) 委員名簿はこちら

テーマ毎に具体的かつ継続的な産学官の連携推進

5
6
7
8
9
10
11
12
13
14

ページの先頭に戻る