政策統括官

政策統括官とは

 裾野が広大であるとともにスピーディな対応が求められる分野において、リアルタイムの状況変化に対応した政策を企画・立案・調整するためには、通常のボトムアップによる対応では限界があります。そこで、高度な知見を有する「政策統括官」がトップダウンで判断を下して遂行することによって、関係業務における政策ニーズに的確に対応しています。

政策統括官の業務

  • 政策評価
    国民に対し、国土交通省の行う政策の目標をわかりやすく示し、その結果を客観的に説明するとともに、的確な評価を通して政策の見直し・改善を行います。
  • 国会等移転
    国会等の移転に関するこれまでの取組・経緯がご覧いただけます。 国会等の移転とは、三権(立法・行政・司法)の中枢機能を東京圏外の地域へ移転することで、「首都機能移転」ともいわれます。
  • 大深度地下
    大深度地下の適正かつ合理的な利用を図ることを目的に開催される大深度地下使用協議会での協議内容等がご覧いただけます。
  • ICTを活用した歩行者移動支援の推進
    高齢者や障がい者をはじめ、誰もが積極的に活動できるバリアフリー環境をソフト施策の面から実現するICT(情報通信技術)等を活用した歩行者移動支援を推進しています。
  • 高精度測位社会プロジェクト
    屋内の電子地図・測位環境の整備や民間事業者等による多様なサービスが生まれやすい環境づくりを推進し、誰もが円滑に移動・活動できる社会の構築を目指しています。
  • 所有者の所在の把握が難しい土地への対応方策に関する検討

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る