環境

国土交通省がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の抑制等のために実施すべき措置について定める計画

○地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号)に基づき策定された政府全体の実行計画 (平成28年 5月13日閣議決定)では、建築物の建築・管理、財・サービスの購入・使用その他の事務及び事業に関し、率先的な取組を実施することとしており、また、関係府省は自ら実行する措置を定めた「実施計画」を策定することとしています。

○これを受け、今般、国土交通省は実施計画を取りまとめ、決定しました。実施計画では、温室効果ガス総排出量について、2013年度を基準として2030年度までに40%削減することとし、また、中間目標として2020年度までに10%削減を目指すこととしています。
  ※地球温暖化対策計画(平成28年5月13日閣議決定)における政府実行計画の実施・点検による排出削減見込み量の算出方法に則り、2030年度については電力の排出係数の改善による効果を含んでいるが、2020年度については2013年度の排出係数に基づいて算出。

○当省においては、地球温暖化対策の率先実行を進めるため、本計画に基づき、引き続き、日常の業務等における省CO2及び省エネルギー・省資源の取組を推進いたします。

【実施計画の内容】
   I.対象となる事務及び事業
  II.実施計画の期間等
  III.温室効果ガス総排出量に関する目標
 IV.個別対策に関する目標
  V.措置の内容
 VI.国土交通省の実施計画の推進体制の整備と実施状況の点検
VII.国土交通省の削減計画



お問い合わせ先

国土交通省総合政策局 環境政策課
電話 :03-5253-8111

ページの先頭に戻る