技術調査

働き方改革・建設現場の週休2日応援サイト


 建設業は、良質な社会資本の整備を通じて国民生活に貢献するという重要な役割を担っていますが、一方で他産業と比較して労働時間が長く、休日数が少ないことが課題となっています。労働者の健康確保やワーク・ライフ・バランスの改善、また将来の担い手を確保するためにも、休日数を増やし、より働き易い職場環境づくりを行っていくことが必要です。
 国土交通省では、今年3月に策定された「働き方改革実行計画」(働き方改革実現会議(議長:内閣総理大臣)決定)において示された、建設業における週休2日の推進等の休日確保の必要性等を踏まえ、各種の取り組みを行っています。
 本サイトでは、週休2日工事に取り組む工事施工者を始めとして、関係者を支援するため、国土交通省の取り組み概要や、週休2日対象工事の実施状況等を紹介していきます。

週休2日応援ツール


 国土交通省では、平成29年3月に「週休2日の推進に向けた適切な工期設定について」(以下、「本省通知」)を発出し、週休2日対応の工期設定を進めることとしました。

  ・平成29年3月28日 週休2日の推進に向けた適切な工期の設定について
  ・平成29年3月28日 週休2日の間接費の補正について(試行)
  ・平成29年3月28日 週休2日の推進に向けた適切な工期設定の運用について

以下に、本省通知に記載された各ツールについて紹介します。
 
1.工期設定支援システム
  工期設定に際し、歩掛かり毎の標準的な作業日数や、標準的な作業手順を自動で算出するシステムです。

 ※ 「工期設定支援システム」をダウンロードし、使用する場合は、下記の「ソフトウェア使用規約」を確認いただき使用規約の全ての条件に  
  同意していただく必要があります。
   また、使用する場合は、今後のシステム改良等のために、「ソフトウェア使用規約」に記載されたメールアドレスへ、使用目的、使用者属
 性(発注者、施工者、設計者、その他)、使用者名(企業)の他、ご意見等を送信いただければ幸いです。
   なお、いただいた情報は送信者が特定できる形で使用することはないことを申し添えます。

  ・ソフトウェア使用規約
  ・工期設定支援システム(一式)
  ・工期設定支援システム利用の手引き
 
2.週休2日を考慮した間接費
  通常工事より工期が長くなり経費が嵩むことから、共通仮設費を1.02倍、現場管理費を1.04倍補正します。

  ・週休2日を考慮した間接費(概要)
 
3.工事着手準備期間・後片付け期間の見直し
  これまでの実態を確認し、最低限必要な日数を工種毎に設定しました。

  ・工事着手準備期間・後片付け期間の見直し

週休2日確保に向けた発注者の取り組み


現在実施中の各発注機関の取り組みを紹介します。その他の機関についても情報が入り次第随時更新していきます。
 
○北海道開発局  https://www.hkd.mlit.go.jp/mr/release/tn6s9g0000000953-att/c5b1ee0000000o0t.pdf

○東北地方整備局 http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/56475_1.pdf

○関東地方整備局 http://www.ktr.mlit.go.jp/gijyutu/index00000021.html
          
○北陸地方整備局 ・週休2日実施支援(受注者希望型・工程共有強化型)モデル工事の試行について【北陸地方整備局】

○中部地方整備局 http://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2017/06/0626.pdf
         
○近畿地方整備局 https://www.kkr.mlit.go.jp/news/top/press/2017/ol9a8v0000008wez-att/170605-4zenkouji.pdf

○中国地方整備局 ・週休2日の取り組み【中国地方整備局】

○四国地方整備局 http://www.skr.mlit.go.jp/etc/syukyu2ka_sk.pdf
         
○九州地方整備局 http://www.qsr.mlit.go.jp/press_release/h29/17051601.html

○沖縄総合事務局 http://www.dc.ogb.go.jp/Kyoku/kisya/170630_2_kisya.pdf

「働き方改革・建設現場の週休2日」Facebookページ

平成29年11月1日、「働き方改革・建設現場の週休2日」Facebookページを開設しました。
国土交通省の各種取り組みに加え、工事施工者が建設現場で実施している工夫などを情報発信していきます。

Facebook  https://www.facebook.com/働き方改革工事現場の週休2日-299847837163515/

お問い合わせ先

国土交通省大臣官房技術調査課事業評価・保全企画官竹下
電話 :03-5253-8111(内線22353)
直通 :03-5253-8221
ファックス :03-5253-1536
  • 平成19年度 国土交通省 国土技術研究会
  • NETIS
  • 建設技術研究開発助成制度
  • ユニットプライス関連情報

ページの先頭に戻る