街路・連立・新交通

機械式立体駐車場の安全対策

   国土交通省では、機械式立体駐車場の安全性の一層の向上を図るため、平成25年11月、「機械式立体駐車場の安全対策検討委員会」(座長:向殿政男・明治大学名誉教授)を設置し、計4回にわたって検討を行い、平成26年3月に報告書がとりまとめられました。
  本報告を踏まえ、機械式立体駐車場に関わる製造者、設置者、管理者、利用者が先ず早期に取り組むべき事項を「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドライン」として策定・公表するとともに、関係団体へ安全対策の強化及び適正利用の周知について要請を行っています。
  また、平成26年7月、消費者安全調査委員会において、「消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書」がとりまとめられたことなどを踏まえ、同年10月、ガイドラインの改定を行い、機械式立体駐車場の安全対策及び適正利用の一層の推進を要請しています。

  機械式立体駐車場の安全対策検討委員会 報告書(PDFファイル)
  機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドライン(平成26年10月改定)(PDFファイル)
  注意喚起(消費者庁共同)(PDFファイル)

  (参考)
  機械式立体駐車場の安全対策検討委員会
   機械式駐車装置安全基準等WG

  (過去の取組)
  平成24年8月 立体駐車場工業会による安全基準の見直し
    (参考資料) 機械式立体駐車場の安全対策の強化について(PDFファイル)

 (お知らせ)
  機械式立体駐車場の事故情報
  「駐車場法施行規則の一部を改正する省令」(平成27年1月1日施行)について


ページの先頭に戻る