官庁営繕

電子成果品作成支援・検査システムVer4.1 について

本システムは官庁営繕事業の電子納品に利用できます。

土木事業には利用出来ませんのでご注意ください。
土木事業の電子納品関係はこちらのページへお願いします。 
 

◆ システム概要

 電子成果品作成支援・検査システムVer4.1は、工事・業務の受注者が電子成果品を作成する際に営繕工事電子納品要領(令和元年改定版)等に基づき作成するよう支援をします。
 また、作成した電子成果品について、要領等に基づき作成されているか検査(確認)が出来ます。

 令和元年改定版 電子納品要領等
 ・営繕工事電子納品要領
 ・建築設計業務等電子納品要領
 ・官庁営繕事業に係る電子納品運用ガイドライン【営繕工事編】
 ・官庁営繕事業に係る電子納品運用ガイドライン【営繕業務編】

 営繕工事電子納品要領(平成30年版)等に対応するVer4.0についてはこちらです。

 営繕工事電子納品要領(平成24年版)等に対応するVer3.02についてはこちらです。
 

◆ システム機能

機能 概要
新規作成機能 電子成果品に必要となるフォルダ、管理ファイル(XML)及び管理ファイルを規定するDTDファイルを新たに作成する機能です。
編集機能 電子成果品に必要となるフォルダ、管理ファイル(XML)の既存データを編集する機能です。
検査機能 各管理ファイルが電子納品要領に従って作成されているかチェックする機能です。
保存 各画面で入力したデータを電子納品要領に従って保存を行う機能です。
表示 各管理ファイルのテキスト形式表示を行う機能です。

◆ システム動作環境

・OS:Microsoft Windows 8.1(32bit、64bit)
    Microsoft Windows 10 (32bit、64bit)
・WWWブラウザ:Microsoft Internet Explorer 11.0以上
・XMLパーサー:Microsoft XML Parser
・.NET Framework:.NET Framewok 4.6

◆ ダウンロード

システムをダウンロードをされた場合、本ページに記載された「利用にあたっての注意事項」の利用承諾条件に同意されたものとみなします。
ダウンロードにあたっては、「保存」を選択し、PCのハードディスクに保存してからファイルを解凍して利用してください。

 
 ・ 電子成果品作成支援・検査システムVer4.1lzh形式、5.5MB)
   更新履歴 2020/03/09 Ver4.1 公開

 ・ 電子成果品作成支援・検査システムVer4.1利用マニュアル(PDF形式、1.2MB)

 

 
 DTD、XML記入例
 ・ 営繕工事電子納品要領(令和元年改定版)に関わるDTD(zip形式 7KB)
 ・ 営繕工事電子納品要領(令和元年改定版)に関わるXML記入例(zip形式 9KB)
 ・ 建築設計業務等電子納品要領(令和元年改定版)に関わるDTD(zip形式 3KB)
 ・ 建築設計業務等電子納品要領(令和元年改定版)に関わるXML記入例(zip形式 3KB)
 
注意事項!
  
 「DTD」「XML記入例」は、ブラウザまたは、エディタで閲覧することが可能ですが、
  各パソコンの環境によって正常に表示されない場合がありますのでご注意ください。
 

ページの先頭に戻る