官庁営繕

公共建築工事の円滑な施工確保対策


 『営繕積算方式』は、国の統一基準である公共建築工事積算基準とその運用にかかる各種取組をセットにしたものです。
 改正品確法を踏まえ、公共建築工事の円滑な施工を確保する観点から、国土交通省では、平成27年に『営繕積算方式』を解説した『営繕積算方式』活用マニュアルを作成し、公表している。
 近年頻発する自然災害に伴う復旧工事を含め、公共建築工事の円滑かつ着実な実施が求められており、国土交通省では、適正な予定価格の設定、適切な契約変更等、円滑な施工確保のための各種取組について解説した『営繕積算方式』活用マニュアルを改訂しました。
 

 

資料名 ファイル形式 通知日
『営繕積算方式』の普及・促進について PDF形式 H31/3/29
『営繕積算方式』活用マニュアル PDF形式 H31/3/29
 


 

熊本被災地での円滑な施工確保


 国土交通省では、熊本地震(平成28年4月)後の円滑な施工の確保のため、平成29年1月20日、新たな対策を講じることを決定し、その対策の一つである、熊本被災地の実情を踏まえた『営繕積算方式』活用マニュアル【熊本被災地版】を平成29年1月31日に作成しました。

 

資料名 ファイル形式 通知日
『営繕積算方式』活用マニュアル【熊本被災地版】 PDF形式 H29/1/31
(H30/5/18更新)


 

お問い合わせ先

国土交通省 大臣官房 官庁営繕部 計画課
電話 :03(5253)8111 (内線23243)
   『営繕積算方式』活用マニュアル【熊本被災地版】補足資料に関すること
     国土交通省 九州地方整備局 営繕部 計画課
     電話 :092(471)6331 (内線5153)
     国土交通省 九州地方整備局 熊本営繕事務所
     電話 :096(355)6122

ページの先頭に戻る