自動車

ダイハツ工業の型式指定申請における不正行為について

令和6年2月16日時点

1.経緯、国土交通省の対応

日付 対応の概要 関連リンク
令和5年
5月19日(金)

【ダイハツ工業より報告】

● ハイブリッド車両2車種(ダイハツ・ロッキー、トヨタ・ライズ)の型式指定申請時に不正行為があった。

● 不正行為の内容は、審査機関((独)自動車技術総合機構交通安全環境研究所)に対し、審査項目の一つであるポール側面衝突試験において、運転席側の社内試験データを提出すべきところ、助手席側の社内試験データを提出していた。

● 自主的に出荷及び販売を停止する。

ダイハツ工業(株)の衝突試験に係る型式指定申請における不正行為について(令和5年5月26日報道発表)
5月24日(水)~

【国交省】

○ ダイハツ工業に対し立入検査を開始

5月26日(金)

【ダイハツ工業より追加報告】

● 社内での独自の確認試験の結果、運転席側の安全性能も基準に適合していた。

● 今後、更に事実関係や原因の調査を進める。

【国交省】

○ ダイハツ工業の報告を踏まえて、以下のとおり同社に指示を行った。(19日)

  • 不正行為のあったポール側面衝突試験について、速やかに安全性を確認すること
  • 事実関係、原因等の詳細を調査、検討すること
  • 他の試験項目・車種について不正行為がないか調査、報告すること

○ 同社に24日から立入検査を実施するとともに、今後、試験車両に係る不正がないかを含め、国土交通省が、組立工程から立会い、確認した試験を改めて実施する。

○ 今後の調査結果や報告等を踏まえて、厳正に対応する。

12月20日(水)

【ダイハツ工業より報告】

● 同社が設置した第三者委員会の調査により、新たに以下の事項が判明。

  • 5月19日に報告があった2車種を含め、現行生産・開発中の全車種(28車種)・1エンジンにおいて、型式指定のための申請における不正行為が確認された。
  • 不正の内容は16項目に及び、フルラップ前面衝突試験での不正のほか、制動装置等の試験成績書の虚偽記載等の不正行為(計82件)が確認された。
  • 生産が終了している一部の車種(18車種)・3エンジンでも不正行為(計60件)が行われていた。

● 同社による検証の結果、計142件の不正行為のうち141件は基準適合性、諸元値の妥当性を確認済。1件は不適合の可能性があり原因調査中。

● 同社は、5月より出荷停止している2車種を含め、全ての現行生産車の出荷を自主的に停止。

● 同社は、第三者委員会の調査結果・提言を踏まえ、再発防止に取り組む。

ダイハツ工業(株)の型式指定申請における不正行為の報告について(令和5年12月20日報道発表)

【国交省】

○ 同社の報告を踏まえ、以下のとおり指示を行った。

  • ダイハツ工業において、国土交通省が基準適合性を確認するまで、現行生産車の出荷を停止すること
  • ダイハツ工業において、自動車ユーザーや、OEM供給先の自動車メーカーへの丁寧な説明や対応に努めること
  • ダイハツ工業のOEM供給先の自動車メーカーにおいて、自動車ユーザーへの丁寧な説明や対応に努めること

○ 今後、以下のとおり対応を行う。

  • ダイハツへ立入検査を行い、不正行為の事実関係等の確認を行う。
  • 国土交通省及び(独)自動車技術総合機構において、全ての現行生産車の基準適合性について、技術的に検証を行う。
  • 立入検査及び基準適合性の検証結果を踏まえ、道路運送車両法に基づき厳正に対応する。
12月21日(木)~

【国交省】

○ ダイハツ工業に対し立入検査を開始

令和6年
1月9日(火)~

【国交省】

○ 道路運送車両法の基準適合性に関する確認試験を開始

1月15日(月)

【国交省】

○ 1月9日に開始した確認試験の一部を報道関係者へ公開

1月16日(火)

【国交省】

○ 令和5年12月21日に開始した立入検査の結果を公表(新たに14件の不正行為を確認)

○ 特に不正行為が悪質な3車種の型式指定の取消し手続きを開始

○ ダイハツ工業に対し是正命令を発出

○ 基準不適合の可能性がある2車種のリコール届出を指導

ダイハツ工業の不正事案に関する国土交通省の対応について(令和6年1月16日報道発表)

【国交省】

○ ダイハツ工業に対する聴聞の実施について公表

自動車製作者に対する聴聞の実施について(令和6年1月16日報道発表)
1月19日(金)

【国交省】

○ 5車種について、基準適合性に関する検証結果を公表し、出荷停止の指示を解除

ダイハツ工業の不正事案に係る基準適合性の検証結果について(令和6年1月19日報道発表)
1月23日(火)

【国交省】

○ ダイハツ工業に対する聴聞を実施

1月24日(水)

【ダイハツ工業よりリコール届出】

● キャスト等2車種についてリコール届出

リコールの届出について(ダイハツ キャスト 他)(令和6年1月24日報道発表)
1月26日(金)

【国交省】

○ グランマックス等3車種について型式指定の取消し

自動車製作者に対する行政処分を行いました(令和6年1月26日報道発表)
1月30日(火)

【国交省】

○ 10車種について、基準適合性に関する検証結果を公表し、出荷停止の指示を解除

2月9日(金)

【ダイハツ工業より報告】

● 再発防止策について報告

2月16日(金)

【国交省】

○ 6車種について、基準適合性に関する検証結果を公表し、うち現行生産車について出荷停止の指示を解除

2.基準適合性に関する検証結果について(順次公表)

3.不正行為の通報窓口について

お問い合わせ先

国土交通省 物流・自動車局 審査・リコール課
電話 :03-5253-8111(内線42313、42314)
直通 :03-5253-8595

ページの先頭に戻る