ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2021年 > G20 観光大臣会合で大臣宣言とガイドラインを採択~包摂的、強靭かつ持続可能な観光の回復に向けた決意を表明~
ページ本文

G20 観光大臣会合で大臣宣言とガイドラインを採択~包摂的、強靭かつ持続可能な観光の回復に向けた決意を表明~

印刷用ページ

最終更新日:2021年5月6日

テキスト ボックス: 5月4日に、G20観光大臣会合(テレビ会合)が開催され、小林政務官が出席しました。会合では、新型コロナウイルス感染症の影響からの包摂的、強靱かつ持続可能な旅行と観光の回復に向けた国際的な連携強化等について議論を行い、G20観光大臣宣言等を採択しました。





会合概要
開催日時:令和3年5月4日(火)19時30分~22時40分(日本時間
参加国等:G20(日本、イタリア(議長国)、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、EU、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、メキシコ、韓国、ロシア、南アフリカ、トルコ、イギリス、アメリカ、サウジアラビア)、シンガポール、スペイン、オランダ、コンゴ、ブルネイ、国際労働機関(ILO)、イスラム開発銀行(ISDB)、経済協力開発機構(OECD)、世界観光機関(UNWTO)、世界貿易機関(WTO)、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)
我が国出席者:小林国土交通大臣政務官
テーマ:包摂的、強靱かつ持続可能な旅行と観光の回復
成果:
・会合では、新型コロナウイルス感染症により打撃を受けた観光産業の持続可能で強靭な回復に向けて、7つの政策分野([1]安全な移動 [2]危機管理 [3]強靱性  [4]包摂性 [5]グリーントランスフォーメーション [6]デジタル化 [7]投資とインフラ)について議論を行いました。各国がより連携して取り組む必要性を認識するとともに、今回の危機をより強靭で、持続可能かつ包摂的な観光に転換する機会とすることを確認し、その成果として「観光大臣宣言」(別添1)及び「観光の未来に関するG20ローマガイドライン」(概要: 別添2)を採択することに合意しました。
・我が国からは、日本の文化観光に関する基調発言を行い、文化資源を観光資源として活用し、官民一体となって地域の活性化に繋げることの重要性を強調しました。また、今回の宣言及びガイドラインを支持するとともに、東京オリンピック・パラリンピックの機会に魅力ある地域の情報等を発信していく旨、紹介しました。


 
このページに関するお問い合わせ
観光庁国際観光部参事官(国際関係) 大宅、今村
連絡先:03-5253-8111 内線:27502、27534 直通:03-5253-8922 FAX 番号:03-5253-8128