ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2022年 > 「新たなビジネス手法の導入による宿泊業を核とした旅行サービスの提供促進に向けた実証調査」における採択事業の公表
ページ本文

「新たなビジネス手法の導入による宿泊業を核とした旅行サービスの提供促進に向けた実証調査」における採択事業の公表

印刷用ページ

最終更新日:2022年10月7日

 来訪客にとって観光地の拠点となる旅館・ホテルの経営を行う宿泊業は、旅行消費全体の中でも大きな割合を占めており、地域での滞在時間を増加させることにより、宿泊費のみならず飲食費や買い物代、交通や施設利用等の消費の上昇に寄与し、地域全体での観光消費を押し上げる効果も有しています。さらに、宿泊業は材料やサービスの地元周辺からの仕入れ割合が他の業種より高いことから、地域に対して大きな経済分配効果があります。
 こうした観点を踏まえ、宿泊施設とその周辺地域を再生・高付加価値化させていくことを目的に、宿泊事業者が核となって提供する新サービスの開発、販売支援を行うとともに、これらの宿泊事業者が提供する新サービスを検証することで、宿泊事業者の価値向上を図り、継続的な発展を目指す実証事業を行います。
 この度9事業者が採択となりましたのでお知らせいたします。

採択案件

9件
▼採択案件の詳細はこちら

※なお、個別の審査結果に関するお問い合わせには応じかねます。

参考

▼公募要領等については、こちらをご覧ください。
 
このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光産業課
TEL:03-5253-8330
FAX:03-5253-1580

ページの先頭に戻る