ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2021年 > 「観光地域づくり法人による宿泊施設等と連携したデータ収集・分析事業」(令和2年度実証事業)の成果をとりまとめました
ページ本文

「観光地域づくり法人による宿泊施設等と連携したデータ収集・分析事業」(令和2年度実証事業)の成果をとりまとめました

印刷用ページ

最終更新日:2021年9月15日

 観光庁では、観光地域づくり法人(以下「DMO」という。)が地域の宿泊施設・観光施設等と連携しながらデータを収集・分析した結果をもとに戦略を策定し、地域一丸となって観光地域づくりに取り組むための仕組みとして地域内の宿泊施設の宿泊客データをDMOに集約する宿泊データ分析システムと、地域のファンをつくりリピーターを確保するCRM(顧客関係管理)のための観光地情報アプリの2つの機能について、令和2年度に4地域(観光地情報アプリは3地域)のモデル地域を選定し実証を行いました。
 これにより、DMOが地域全体の宿泊施設数や観光客のニーズ等を把握することを可能とし、データに基づく分析、戦略策定による旅行消費の増大、リピーターの確保を図ることが本事業の目的です。

 

令和2年度のモデル地域について

 令和2年度においては、以下4つのモデル地域で実証事業を行いました。

 一般社団法人ニセコプロモーションボード(宿泊データ分析システムのみ)
 一般社団法人福島市観光コンベンション協会
 一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社
 一般社団法人下呂温泉観光協会

掲載資料

 事業概要、データ収集の仕組み及びモデル地域における活用事例をまとめました。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光地域振興課広域連携推進室
直通 03-5253-8327