ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2021年 > 【観光遺産産業化ファンド】阿寒摩周国立公園活性化に向けた摩周エリアの観光資源磨き上げ連携協定締結について
ページ本文

【観光遺産産業化ファンド】阿寒摩周国立公園活性化に向けた摩周エリアの観光資源磨き上げ連携協定締結について

印刷用ページ

最終更新日:2021年3月29日

観光庁と株式会社地域経済活性化支援機構(以下「機構」という。)は平成26年5月に包括的連携協定を締結して以来、地域経済及び社会の活性化や、魅力ある観光地域づくりの推進を図ってきたところです。

今般、機構は、北海道弟子屈町、北海道、北洋銀行株式会社、釧路信用金庫、北海道エアポート株式会社及び環境省の7者で、「阿寒摩周国立公園活性化に向けた摩周エリアの観光資源磨き上げ連携協定」を締結しましたので、お知らせします。

詳細につきましては、こちらをご参照下さい。
※レビックリリースURL:http://www.revic.co.jp/pdf/news/2021/210329newsrelease.pdf