ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2021年 > 【観光遺産産業化ファンド】株式会社梅小路まちづくりラボおよび株式会社梅小路まちづくりラボ不動産に対する投資実行について
ページ本文

【観光遺産産業化ファンド】株式会社梅小路まちづくりラボおよび株式会社梅小路まちづくりラボ不動産に対する投資実行について

印刷用ページ

最終更新日:2021年3月31日

 観光庁と株式会社地域経済活性化支援機構(以下「機構」という。)は、平成26年5月に包括的連携協定を締結して以来、地域経済及び社会の活性化や、魅力ある観光地域づくりの推進を図ってきたところです。
 今般、機構は、株式会社観光産業化投資基盤を無限責任組合員とする「観光遺産産業化ファンド」にて、本日、株式会社梅小路まちづくりラボおよび株式会社梅小路まちづくりラボ不動産への投資を実行するとともに、両社に対して専門家を取締役として派遣したことをお知らせいたします。

詳細につきましては、こちらをご参照ください。
※レビックリリースURL

http://www.revic.co.jp/pdf/news/2021/210331newsrelease-2.pdf