ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2021年 > 「第20回ASEAN+3観光大臣会合」に鳩山国土交通大臣政務官が出席
ページ本文

「第20回ASEAN+3観光大臣会合」に鳩山国土交通大臣政務官が出席

印刷用ページ

最終更新日:2021年2月5日

2月5日(金)、「第20回ASEAN+3観光大臣会合」(テレビ会合)が開催され、鳩山政務官が出席しました。
(開催概要)
 日時:令和3年2月5日(金)11時~13時(日本時間)
 参加国:ASEAN+3 
   ※ASEAN10ヶ国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)及び日本・中国・韓国
 我が国出席者:鳩山 二郎 国土交通大臣政務官

(成果)
 会合では、各国で官民が連携して今後5年間にわたり取り組む観光協力の方向性を示したワークプラン(注1)が議論され、新型コロナウイルスからの観光産業の回復に資するもの
 として賛同を得て、採択されました。
 鳩山政務官からは、ASEANとの双方向の交流の回復に向け、日本アセアンセンターなど官民様々な主体による取組を紹介し、多くのASEAN諸国から感謝の意が述べられました。
 また、今後、感染状況が落ち着いている国・地域から、少人数の団体形式での外国人観光客の受入を主催者が防疫措置を徹底した上で、試行的に取り組んでいく旨、紹介しました。

注1) ASEAN+3観光協力ワークプラン2021-2025
ASEAN+3各国における観光協力を進めて行くための具体的取組をまとめた計画。以下12の分野のもと、38の具体的取組が規定。
[1] 持続可能な観光の推進 
[2] 域内観光交流増加のための新たな旅行商品開発
[3] 人材開発・教育 
[4] 旅行博等への出展による観光PRと観光事業者の参画推進
[5] マーケティング活動 
[6] 観光危機管理
[7] アセアンセンターの活動強化 
[8] 域内旅行振興
[9] 旅行産業における協力強化 
[10] 旅行関係データの共有
[11] セミナー、ワークショップの共同開催 
[12] その他


 

大臣会合の様子 
このページに関するお問い合わせ
観光庁国際観光部参事官(国際関係)付
中村、今村
代表:03-5253-8111  内線:27514、27534
直通:03-5253-8922  FAX番号:03-5253-8128