ホーム >> 政策・仕事  >> 航空  >> 統計・データ  >> 安全関連  >> 航空安全に関する統計、報告等  >> イレギュラー運航の発生状況(平成24年7月)

航空

イレギュラー運航の発生状況(平成24年7月)

(航空運送事業の用に供される航空機(5.7トンを超える飛行機又は路線を定めて旅客の輸送を行うもの)
No.
発生日 運航者 航空機型式 便名 出発地 目的地 着陸地 概要 備考

1.

7月1日

ジェイエア

エンブラエル式ERJ170-100STD型

JAL1889

東京国際空港

宮崎空港

東京国際空港

上昇中、燃料計の表示に不具合が発生したため引き返した。

 

2.

7月1日

日本エアコミューター

ボンバルディア式DHC-8-402型

JAC3730

奄美空港

鹿児島空港

奄美空港

飛行中、3つある油圧系統のうち1つの油圧系統の油量の低下を示す計器表示があったため引き返した。

 

3.

7月2日

日本航空

ボーイング式777-300型

JAL919

東京国際空港

那覇空港

東京国際空港

飛行中、第1エンジンの発電機の不具合が発生したことを示す計器表示があったため引き返した。

 

4.

7月2日

北海道エアシステム

サーブ式SAAB340B型

NTH243

札幌飛行場

函館空港

札幌飛行場

上昇中、機長席側の高度計に不具合が発生したため引き返した。

 

5.

7月3日

新日本航空

ブリテン・ノーマン式BN-2B-20型

---

佐渡空港

新潟空港

新潟空港

地上走行中、駐機場内に停車していた自動車に右主翼端を接触した。

 

6.

7月3日

全日本空輸

ボーイング式767-300型

ANA598

松山空港

東京国際空港

松山空港

上昇中、第1エンジンから異音が発生したため、当該エンジンを停止し、航空交通管制上の優先権を要請のうえ引き返した。

 

7.

7月9日

ジェイエア

ボンバルディア式CL-600-2B19型

JAL3523

福岡空港

花巻空港

新潟空港

飛行中、副操縦士席側の操縦室窓にひび割れが発生したため目的地を変更した。

 

8.

7月10日

日本エアコミューター

サーブ式SAAB340B型

JAC3803

鹿児島空港

沖永良部空港

鹿児島空港

飛行中、除氷系統の不具合を示すライトが点灯したため引き返した。

 

9.

7月10日

日本航空

ボーイング式767-300型

JAL727

関西国際空港

バンコク

関西国際空港

飛行中、抽気系統の不具合を示す計器表示があったため引き返した。

 

10.

7月11日

アシアナ航空

ボーイング式747-400型

AAR298

ソウル(仁川)

アンカレッジ

成田国際空港

飛行中、第1エンジンの滑油フィルターのつまりを示す計器表示があったため当該エンジンを停止した後、目的地を変更した。

 

11.

7月11日

日本航空

ボーイング式787-8型

JAL740

デリー

成田国際空港

デリー

上昇中、気象レーダーに不具合が発生したため引き返した。

 

12.

7月12日

天草エアライン

デ・ハビランド式DHC-8-103型

AHX801

熊本空港

大阪国際空港

熊本空港

離陸後、脚上げ操作を実施したが、前脚が確実に格納されていないことを示すライト並びに前脚及び主脚の格納扉が閉じられていないことを示すライトが点灯したままであったため引き返した。

 

13.

7月12日

全日本空輸

ボーイング式767-300型

ANA111

成田国際空港

シンガポール

成田国際空港

上昇中、副操縦士席側のピトー管の防氷装置に不具合が発生したことを示す計器表示があったため引き返した。

 

14.

7月13日

ピーチ・アビエーション

エアバス式A320-214型

APJ151

関西国際空港

福岡空港

関西国際空港

離陸直後に油圧系統、ブレーキ系統等の不具合を示す計器表示があったため引き返した。

 

15.

7月16日

北海道エアシステム

サーブ式SAAB340B型

NTH233

札幌飛行場

函館空港

札幌飛行場

進入中、ブレーキ系統の不具合を示すライトが点灯したため引き返した。

 

16.

7月16日

琉球エアーコミューター

デ・ハビランド式DHC-8-103型

RAC838

石垣空港

宮古空港

石垣空港

上昇中、副操縦士席側の操縦室窓にひび割れが発生したため引き返した。

 

17.

7月17日

全日本空輸

ボーイング式747-400D型

ANA73

東京国際空港

新千歳空港

東京国際空港

離陸直後に4つある油圧系統のうち1つの油圧系統の圧力と作動油量の低下を示す計器表示があったため引き返した。その後当該機を牽引車により駐機場へ移動し、漏洩した作動油の清掃作業を実施する間滑走路が閉鎖された。

 

18.

7月18日

エアージャパン

ボーイング式767-300型

AJX112

シンガポール

成田国際空港

シンガポール

飛行中、操縦系統、空調系統の不具合を示すライトが点灯したため引き返した。

 

19.

7月18日

ジェイエア

ボンバルディア式CL-600-2B19型

JAL2378

長崎空港

大阪国際空港

長崎空港

離陸直後に副操縦士席側の姿勢等を示す表示装置に不具合が発生し、その後空調系統及び油圧系統の不具合を示す計器表示があったため引き返した。

 

20.

7月23日

全日本空輸

ボーイング式767-300型

ANA937

成田国際空港

ジャカルタ

関西国際空港

上昇中、機長席側のワイパーに不具合が発生したため目的地を変更した。

 

21.

7月23日

アイベックスエアラインズ

ボンバルディア式CL-600-2B19型

IBX52

仙台空港

大阪国際空港

仙台空港

離陸後、脚上げ操作を実施したが、右主脚が正常に格納されていないことを示す計器表示があったため引き返した。

 

22.

7月23日

スカイマーク

ボーイング式737-800型

SKY723

東京国際空港

新千歳空港

東京国際空港

上昇中、高揚力装置(前縁スラット)が正常に格納されていないことを示すライトが点灯したままであったため引き返した。

 

23.

7月24日

琉球エアーコミューター

ボンバルディア式DHC-8-103型

RAC853

那覇空港

奄美空港

那覇空港

飛行中、第1エンジン側の発電機の不具合を示すライトが点灯し、また、機長席側の高度計の不具合等が発生したため引き返した。

 

24.

7月27日

エアカナダ

ボーイング式767-300型

ACA030

北京

バンクーバー

新千歳空港

飛行中、第1エンジン側の発電機と補助動力装置に不具合が発生したため航空交通管制上の優先権を要請のうえ、目的地を変更した。

 

25.

7月28日

デルタ航空

ボーイング式767-300型

DAL598

福岡空港

ホノルル

福岡空港

飛行中、高揚力装置(前縁スラット)に不具合が発生したことを示す計器表示があったため引き返し、航空交通管制上の優先権を要請のうえ着陸した。

 

26.

7月29日

日本エアコミューター

ボンバルディア式DHC-8-402型

JAC3809

鹿児島空港

沖永良部空港

奄美空港

進入中、高揚力装置(フラップ)に不具合が発生したため目的地を変更した。

 

27.

7月30日

琉球エアーコミューター

デ・ハビランド式DHC-8-103型

RAC853

那覇空港

奄美空港

那覇空港

飛行中、電源系統の不具合を示すライトが点灯したため引き返した。

 

(注)

鳥衝突、被雷等によるものは含まない。
外国航空会社のものは、初期報に基づくもの。



●お問い合わせ先

国土交通省航空局安全部運航安全課  
 TEL 03-5253-8111 (内線50122)