水資源

【募集開始!】第43回(令和3年度)全日本中学生水の作文コンクール

印刷用ページ

 平成26年7月に施行された水循環基本法第10条において、国民の間に広く健全な水循環の重要性についての理解と関心を深めるようにするため、「水の日」が8月1日と定められました。また、同法において国及び地方公共団体は、水の日の趣旨にふさわしい事業を実施するように努めなければならないとされています。
 政府では、この事業の一環として、次代を担う中学生を対象に、水について理解を深め、考える機会とする「全日本中学生水の作文コンクール」を次のとおり実施します。
○主    催
水循環政策本部、国土交通省、都道府県

○後    援
文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省、水の週間実行委員会、独立行政法人水資源機構、全日本中学校長会

○表    彰
最優秀賞及び優秀賞の受賞者は、8月上旬(予定)に東京都で行う水の週間中央行事「水を考えるつどい」の表彰式において、賞状等の授与を予定しています。
 
 

第43回全日本中学生水の作文コンクール募集案内

作文のメインテーマ
 
 「水について考える」 (個別の題名は自由で、「水」に関する内容)
 
  水は、地球上の全ての生命の源であり、特に私たちの生活や農業・工業等にとって不可欠なものです。私たちの暮らしは、水によって支えられていますが、地球上の水は無限ではありません。私たち一人一人が水循環の重要性を理解し、水の恩恵を享受し続けるために、何をするべきか考えることが重要です。中学生のみなさん!水について考えてみませんか?

【応募資格】
 令和3年度、中学校(海外日本人学校)に在学の中学生

【原稿】
 400字詰原稿用紙4枚以内で日本語で記載された個人作品

【応募締切日】
 都道府県ごとに設定(以下の「
〇各都道府県における提出先、締切日一覧」をご覧いただくか、所属中学校を所管する都道府県へお問い合わせください。
 ※外国に居住する方は、令和3年5月20日(木)までに国土交通省水管理・国土保全局水資源部に到着した分を受領します。

【応募方法】
 作文には、本文の前(原稿用紙枠内)に「題名」、「学校名(ふりがな)」、「学年」、「氏名(ふりがな)」を記入し、
 次の送付先に示す宛先に送付してください。なお、個別の題名は自由です。

【送付先】
 中学校が所在する都道府県水資源担当部局
 ※ただし、外国に居住する方は、国土交通省水管理・国土保全局水資源部水資源政策課(〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3)

 〇各都道府県における提出先、締切日一覧

【審査】
 (1)都道府県審査
   各都道府県においては作文の受領後に審査を行い、中央審査の対象となる優秀作文5編以内を選定し、令和3年5月31日(月)までに国土
  交通省水管理・国土保全局水資源部へ送付してください。
   外国に居住する方は、国土交通省
水管理・国土保全局水資源部において審査を行い、中央審査の対象となる優秀作文を選出します。
 (2)中央審査(国土交通省)
   7月上旬までに国土交通省
水管理・国土保全局水資源部及び中央審査会にて審査を行い、入賞作文(最優秀賞、優秀賞及び入選)を決定します。

【賞及び賞品(予定)】
 (1)内閣総理大臣賞(最優秀賞)                          1編、賞状、副賞
 (2)厚生労働大臣賞(優秀賞)                           1編、賞状、副賞
 (3)農林水産大臣賞(優秀賞)                           1編、賞状、副賞
 (4)経済産業大臣賞(優秀賞)                           1編、賞状、副賞
 (5)国土交通大臣賞(優秀賞)                           1編、賞状、副賞
 (6)環境大臣賞(優秀賞)                              1編、賞状、副賞
 (7)水の週間実行委員会会長賞(優秀賞)                    1編、賞状、副賞
 (8)独立行政法人水資源機構理事長賞(優秀賞)               1編、賞状、副賞

 (9)全日本中学校長会会長賞(優秀賞)                        1編、賞状、副賞
 (10)全日本中学生水の作文コンクール中央審査会特別賞(優秀賞)   (必要に応じて) 
 (11)入選                                        30編程度、賞状、副賞
 (12)佳作                                        100編程度 記念品
  ◎一日事務所長体験 最優秀賞及び優秀賞受賞者のうち、希望者については、在住地域の地方整備局等又は水資源機構の現地事務所等において、「一日事務所長」の体験(管内巡視、PR活動等)をすることができます。
 
 ※地方審査段階での表彰を行う都道府県もあります。

【入賞発表】
 入賞通知は、7月中旬に行い、都道府県を通じて入賞者へ通知します。
 また、外国に居住する者に対しては、国土交通省水管理・国土保全局水資源部から所属学校を通じて入賞者へ通知します。
 その後、7月下旬に報道発表を予定しています。
 (入賞作文は、作文のほか、記載された学校名、学年、氏名を国土交通省と都道府県のホームページ、作品集に掲載するほか、
  報道機関を含めた関係者へも提供しますので、予めご承諾の上、ご応募ください。)

【賞状等の授与】
 (1)
内閣総理大臣賞(最優秀賞)、各省大臣賞等(優秀賞)の受賞者は「水の日」記念行事に招待し、賞状等を授与します。
    ただし、外国に居住する者には、賞状及び副賞を送付しますので、これをもって授与に代えます。
 (2)入選者には、都道府県又は国土交通省水管理・国土保全局水資源部から賞状及び副賞を送付しますので、これをもって授与に代えます。
 (3)佳作者には、都道府県又は国土交通省水管理・国土保全局水資源部から記念品を送付しますので、これをもって授与に代えます。
 ※
表彰式は、新型コロナウイルス感染症の感染状況等により、中止となる可能性があります。

【個人情報の取扱】
 本コンクールの応募作文に記載されている個人情報は、本コンクールの運営に必要な範囲内で利用します。
 また、応募者の同意なく、利用目的を超えて転用することはありません。

過去の入賞作文集

第42回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集(表紙~裏表紙
第41回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~裏表紙
第40回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~裏表紙
第39回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~裏表紙
第38回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~裏表紙
第37回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~裏表紙
第36回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~裏表紙
第35回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~裏表紙
第34回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~目次 P2~P13 P14~P30 P31~P46 P47~裏表紙
第33回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~目次 P2~P13 P14~P27 P28~P42 P43~裏表紙 
第32回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~目次 P2~P13 P14~P27 P28~P42 P43~裏表紙
・第31回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集表紙~目次 P2~P13 P14~P26 P27~P39 P40~裏表紙
・第30回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集(表紙~P15 P16~P33 P34~裏表紙
・第29回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集(表紙~P27 P28~裏表紙
・第28回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集(表紙~P11 P12~P23 P24~P35 P36~裏表紙
・第27回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集(表紙~P11 P12~P23 P24~P35 P36~裏表紙
・第26回「全日本中学生水の作文コンクール」入賞作文集(表紙~P35 P36~P51 P52~裏表紙

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

国土交通省 水管理・国土保全局 水資源部 水資源政策課
電話 : 03-5253-8111
直通 : 03-5253-8386

ページの先頭に戻る