報道・広報

BIM導入のメリットの検証等に試行的に取り組む提案を7件採択
~ 「令和3年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)」の採択提案の決定 ~

令和3年5月26日

 

国土交通省は、令和3年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)に応募のあった16件の提案について、学識経験者等による評価を踏まえた審査の結果、7件の採択提案を決定しました。

1.事業概要
(1)趣旨
  建築BIM推進会議で策定された「建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第1版)」(令和2年3月)に沿って、設計・施工等のプロセスを横断してBIMを活用する建築プロジェクトにおける、BIM導入の効果検証や課題分析等を試行的に行う取組について、優れた提案を行った者に対し、国が当該検証等に要する費用を補助するもの。
(2)検証等の公募テーマ
  [1]BIMを通じたデジタルデータの活用による、BIMの活用による生産性向上、建築物・データの価値向上や様々なサービスの創出等を通じたメリット(特に発注者メリット)の検証等
  [2] BIMデータの活用・連携に伴う課題(特に発注者と受注者の役割分担等)の分析等
 
2.応募件数及び採択件数
  応募件数 16件 採択件数 7件
  ※詳細は別紙及びBIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業HP(URL:https://r03.bim-jigyou.jp/)参照
 

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

別紙(PDF形式)PDF形式

各採択提案の概要(PDF形式)PDF形式

お問い合わせ先

国土交通省住宅局建築指導課 鈴、小嶋
TEL:03-5253-8111 (内線39519) 直通 03-5253-8513 FAX:03-5253-1630

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る