報道・広報

バス・タクシー車両やバスターミナルのバリアフリー化が着実に進捗
~令和2年度末 移動等円滑化実績等報告書の集計結果(概要)~

令和4年1月11日

 令和2年度末におけるバリアフリー化の主な実績について、ノンステップバス車両数が対前年度2.6ポイント増の63.8%、バスターミナルの段差が解消されている施設が94.4%、福祉タクシー車両数が対前年度4,400台増の41,464台となっており、バリアフリー化が着実に進捗しています。

 平成18年12月の「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(平成18年法律第91号)」(バリアフリー法)に基づき、バス、タクシー等の各事業者においては、事業の用に供する車両や施設の一層のバリアフリー化が求められています。
 この度、令和2年度末における乗合バス車両、貸切バス車両、バスターミナル及び福祉タクシー車両の移動等円滑化実績等報告書をとりまとめました。
 国土交通省においては、ノンステップバス、福祉タクシー等の導入に対する財政的支援の実施等により、今後も引き続き、公共交通のバリアフリー化の実現に向けた取り組みを推進していきます。
 
令和2年度末のバリアフリー化の進捗状況 (( )は、対前年度からの増減)
■ バス車両のバリアフリー化 【別紙1】
 乗合バス ノンステップバス : 63.8% (約2.6ポイント増)、リフト付きバス等 :5.8% (約0.3ポイント増)
 貸切バス(ノンステップバス、リフト付きバス等) : 1,975台 ( 894台増)
■ バスターミナルのバリアフリー化 【別紙2】
 バスターミナル全体に占める段差解消施設数の割合:65.4%(約3.6ポイント増)
  ※1日当たりの利用者数が3千人以上の施設 : 94.4%
■ 福祉タクシー車両の導入状況 【別紙3】
 福祉タクシー(ユニバーサルデザインタクシーを含む) : 41,464台 ( 4,400台増)
<参考>
 ○ ノンステップバス等の車両数の推移 [参考資料1]
 ○ ノンステップバスの導入率が高い乗合バス事業者ベスト30 [参考資料2]
 ○ 都道府県別移動円滑化基準適合車両導入状況 [参考資料3]
 ○ リフト付きバス・スロープ付きバスの導入数が多い貸切バス事業者ベスト20 [参考資料4]

 なお、公共交通機関全体におけるバリアフリー整備状況は、総合政策局ホームページに掲載しています。
(URL:http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_mn_000003.html

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

お問い合わせ先

国土交通省自動車局旅客課乗合バス、貸切バス、福祉タクシー関係 髙瀬、祖父江、市原
TEL:03-5253-8111 (内線41212) 直通 03-5253-8569 FAX:03-5253-1636
国土交通省自動車局総務課企画室バスターミナル関係 平賀、米川
TEL:03-5253-8111 (内線41155) 直通 03-5253-8564 FAX:03-5253-1636

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る