報道・広報

発炎筒の誤使用に注意!
~車両火災になることがあります~

令和2年2月17日

 駐車中に幼児が発炎筒をさわっているうちに発火させ、車に燃え移り全焼する事故がありました。お子さまが誤って発炎筒を使用した場合、やけどなどで負傷したり、車に燃え移り火災が発生したりするおそれがあり大変危険ですので、くれぐれもお子さまがさわることがないようご注意ください。
 国土交通省では、再発防止の観点から注意啓発用チラシ(別紙)を作成し、HPに掲載するとともに関係団体を通じてユーザーに注意喚起と周知徹底を図ることとしました。
 


    
 お子さまには、絶対にさわらせないでください。
いたずらなどで発火するおそれがあり、大変危険です。

 

 


  
 燃料などの可燃物の近くで使用しないでください。
引火して、やけどなどにより、重大な障害を受けるおそれがあり危険です。





 
 点火は必ず車外で行ってください。
また、使用中は、顔や身体に近づけないでください。やけどなどにより重大な障害を受けるおそれがあり危険です。






  トンネル等の煙がこもる様な場所で使用しないでください。煙で視界が悪くなり、他車の走行の妨げとなり事故をまねくおそれがありますので、
  トンネル等では非常点滅表示灯等を使用してください。





※火気を使用しないLEDを用いた非常信号用具も発炎筒の代わりに使用することが可能です。

添付資料

報道発表資料(PDF形式:176KB)PDF形式

別紙注意啓発用チラシ(PDF形式:100KB)PDF形式

お問い合わせ先

国土交通省自動車局 竹村、西野、渋谷
TEL:03-5253-8111 (内線42352) 直通 03-5253-8597 FAX:03-5253-1640

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る