道路

特殊車両通行許可制度について

大きな車、重量のある車を通行させているみなさまへ

道路はみんなの財産です。

最近は、車も、運搬される貨物も大型になり、重量も重くなって、道路がこわされる事故がふえています。

せまい道路に大型車を通行させたり、一定の大きさや重さをこえる車(特殊な車両と呼びます)を通行させるときは、道路管理者の許可を受けるように、道路法で定められています。

そこで、車を通行させているみなさまに、道路を正しく使用していただきたいと思い、通行するとき守らなければならないことや、通行許可の申請をするときの手続きなどをまとめております。

また、特殊車両通行許可申請手続きの簡素化を図る目的から、平成16年3月末よりオンライン申請の運用を開始しております。オンライン申請の効果や申請方法などを紹介しております。【関東地方整備局サイト】

特殊車両の通行に関する新たな制度について

令和2年5月27日に公布された「道路法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第31号)により、特殊車両の通行に関する新たな制度が創設されました。

なお、本制度は、令和4年4月1日から施行となります。

  • 指定登録確認機関の指定に関する相談窓口

上記の新たな制度では、その運営の一部を国土交通大臣の指定を受けた法人が担うこととなります。

なお、指定登録確認機関としての指定の申請及び指定は、上記の施行の日前に行うことが可能となっています。

お問い合わせ先 道路局道路交通管理課車両通行対策室

ページの先頭に戻る