施策の推進

日本版MaaS推進・支援事業

「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会」の議論も踏まえ、令和元年度においては、事業の熟度が高く、全国の牽引役となる先駆的な取組を行う「先行モデル事業」を19事業選定し、支援いたしました。

令和2年度においても、○事業選定し、支援することとしています。

 

日本版MaaS推進・支援事業 先行モデル事業

 

新モビリティサービス推進事業の公募について

AIオンデマンド交通の導入支援

AIオンデマンド交通とは、AIを活用した効率的な配車により、利用者予約に対し、リアルタイムに最適配車を行うシステムです。

国土交通省においては、「MaaSの普及に向けたAIオンデマンド交通のあり方研究会」を開催するとともに、AIオンデマンド交通に
おける、利用者登録、利用者からの予約受付、最適な運行ルートの検索・設定・運行等の一連の流れに必要なシステムの導入を支援して
います。

 

AIオンデマンド交通の導入支援イメージ

公共交通機関におけるキャッシュレス決済の導入支援

国土交通省においては、全国で普及が進んでいる交通系ICカードの他、公共交通機関での普及が始まったばかりである、QRコードや非接触型クレジット決済等の新たなキャッシュレス決済手段の導入を支援しています。

 

公共交通機関におけるキャッシュレス決済の導入支援イメージ