ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 国際観光 > MICEの誘致・開催の推進 > 近年の日本におけるMICE開催状況
ページ本文

近年の日本におけるMICE開催状況

印刷用ページ

最終更新日:2018年11月5日

 ICCA (International Congress and Convention Association:国際会議協会)の統計によれば、世界全体の国際会議の開催件数は年々増加傾向にあります。 国際機関・学会の本部の多くが設置されている欧州が世界全体の約半数を占めているものの、急速な経済成長を背景にアジアや中東地域は、特に開催件数の伸びが高くなっています。
 そのような情勢の中、2017年の世界全体における国際会議開催件数は12,563件にのぼり、前年より336件増となっています。2017年の我が国における国際会議開催件数は、前年より4件増の414件であり、世界7位となりました。
 アジア大洋州における国際会議開催件数を国別に見ると、我が国を含む主要5ヵ国(日本、中国、韓国、シンガポール、オーストラリア)における国際会議の開催件数に占める我が国のシェアは27.8%となり、6年連続の首位を保っています。

ICCA統計

このページに関するお問い合わせ
観光庁MICE推進室
 代表:03-5253-8111(内線27-602)
 FAX:03-5253-8128