メニューを飛ばしてコンテンツへ進む
サイト内検索

 LCEM(ライフサイクルエネルギーマネジメント)ツールの公開について
ラインBack to Home

平成18年7月6日
<問い合わせ先>
大臣官房官庁営繕部
設備・環境課
(内線23752)
TEL:03-5253-8111(代表)

 

 国土交通省大臣官房官庁営繕部では、地球温暖化対策をより一層推進していくため、建築物の空調シミュレーションを行うことができるLCEM(ライフサイクルエネルギーマネジメント)ツールを公開し、意見を求めていくこととしました。

  1.  LCEMツールの公開について
     官庁営繕部では、地球温暖化対策をより一層推進していくため、「公共建築物におけるライフサイクルエネルギーマネジメント委員会(委員長:村上周三 慶応義塾大学教授)」の成果である、LCEM(ライフサイクルエネルギーマネジメント)手法をとりまとめ、政府の実行計画の推進のために活用していくこととしました。(別添 「LCEM手法を用いた官庁施設における地球温暖化対策の一層の推進について」(平成18年3月29日報道発表資料)
     そのための空調シミュレーションツールであるLCEMツールは、官公庁施設で使用することを目的としたものですが、民間施設における使用を妨げるものではなく、一般の民間施設の整備・運用においても有効なものと考えられます。
     そこで、官公庁施設の地球温暖化対策を推進するとともに、一般の民間施設における地球温暖化対策に寄与するため、このツールを公開し(別紙1 ホームページ「ライフサイクルエネルギーマネジメント(LCEM)ツール」【PDF形式】)、広く一般に意見を求めるとともに、関連業界団体に意見を求めることにしました。(別紙2 事務連絡「LCEM(ライフサイクルエネルギーマネジメント)ツールの公開について」【PDF形式】)
     今回公開するLCEMツールは、標準的な空調システムに対応する仕様(ver.1.0)となっていますが、今後、関係各方面からのご意見を反映しながら、様々な機器・空調システムに対応させていくとともに、定期的にメンテナンスを行い、随時情報を公開していくこととしています。

  2.  LCEMツールの入手方法
     LCEMツールは、現在電子メールで配布しております。配布の申し込みは電子メールにて受け付けております。
    (詳細はホームページにて http://www.mlit.go.jp/gobuild/

 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
 Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ
(ダウンロード)

 

ライン
All Rights Reserved, Copyright (C) 2006, Ministry of Land, Infrastructure and Transport