航空

航空安全に関する統計、報告等

このページでは、航空安全に関する統計、報告等が閲覧できます。

1.イレギュラー運航情報
 
イレギュラー運航とは、米国ではフライト・イレギュラリティなどと呼称される事象であって、運航の安全に直ちに影響を及ぼすような異常事態ではなく、例えば、多重化されたシステムの一部のみの不具合が発生した場合に乗員がマニュアルに従い措置したうえで、万全を期して引き返しなどを行った結果、目的地などの予定が変更されたものなどを指します。

連絡先:航空局安全部運航安全課
TEL:03-5253-8111(内線:50122)

2.航空事故・重大インシデント情報
 
航空事故とは、航空法第76条に定められている「航空機の墜落、衝突又は火災」、「航空機による人の死傷又は物件の損壊」、「航空機内にある者の死亡(自然死等を除く)又は行方不明」、「航行中の航空機の損傷」を指します。

 重大インシデントとは、航空法第76条の2に定められている「航空事故が発生するおそれがあると認められる事態」であり、閉鎖中または他の航空機が使用中の滑走路からの離着陸や滑走路からの逸脱(航空機自らが地上走行できなくなった場合のみ)など16の事態が航空法施行規則第166条の4に定められています。

 航空事故および重大インシデントについての情報は、運輸安全委員会のホームページをご覧ください。

平成13年10月1日より前の重大インシデント情報はこちら


3.航空輸送の安全にかかわる情報
 
航空輸送の安全にかかわる情報とは、

(1) 航空法第111条の4の規定により航空事業者から報告された安全上のトラブル
   等に関する事項
(2) 国が輸送の安全を確保するために講じた措置に関する措置
(3) 輸送の安全を確保するための国の施策に関する事項など

を指すことが航空法施行規則第221条の4に定められています。

 国は、航空法第111条の5に基づき、毎年度航空輸送の安全にかかわる情報を整理して公表することとなっています。

航空輸送の安全にかかわる情報は、こちら

連絡先:航空局安全部航空事業安全室
TEL:03-5253-8111(内線:50160)

4.外国航空機に対するランプ・インスペクション情報
 
外国航空機に対するランプ・インスペクションとは、我が国の空港に乗り入れている外国航空会社の航空機に
対し、航空機の運航及び機体の安全性について行う駐機中の立入検査を指します。



ページの先頭に戻る