奄美・小笠原

小笠原諸島の概要

南島の扇池
(南島の沈水カルスト地形は、平成20年に天然記念物に指定されました。)

1 地理的特性

・東京の南約1,000kmに位置する父島列島及び母島列島をはじめ、硫黄島、沖ノ鳥島(我が国最南端)、南鳥島(同最東端)等太平洋上に散在する30余の島々からなる。
・我が国の排他的経済水域の約3割を確保
・総面積は約104km2(父島は約24km2、母島は約20km2)

2 沿革

文禄2年(1593年)  小笠原貞頼により発見されたと伝えられる。

明治9年(1876年)  国際的に日本領土と認められる。

昭和19年(1944年) 太平洋戦争の局面悪化により、島民が本土に強制疎開させられる。

昭和21年(1946年) 米国の軍政下に置かれる。

昭和43年(1968年) 日本に返還され、東京都の行政管理下に編入される。

昭和44年(1969年) 小笠原諸島復興特別措置法公布(以後、5年ごとに改正が行われ、期限を延長)

昭和54年(1979年) 小笠原諸島振興特別措置法と改称

平成元年(1989年) 小笠原諸島振興開発特別措置法と改称

平成23年(2011年) 小笠原諸島世界自然遺産登録

平成26年(2014年) 小笠原諸島振興開発特別措置法の一部改正(有効期限を5箇年延長)、小笠原

             諸島振興開発基本方針を策定

3 概況

人口:2,493人(平成26年4月1日現在) [参考] 昭和19年 7,711人(戦前のピーク時)

行政組織:小笠原総合事務所(国の機関)、東京都小笠原支庁小笠原村役場

交通手段:航空路がなく、約6日に1便(片道約25時間半)の船便が唯一

主な産業:<農業>農家戸数     57戸(平成26年1月1日現在)

             生産高       129百万円(平成24年)

       <漁業>漁組組合員数  83人(平成25年現在)

             漁獲高       582百万円(平成24年・養殖分を含む)

       <観光>乗船客       年間19,721人(平成25年度 おがさわら丸乗船客数より)

[小笠原諸島の主要指標]

※社会増減率は、「住民基本台帳に基づく人口・人口動態及び世帯数」(総務省)による。ただし、全国離島の年次は平成24年(離島統計年報より)

小笠原諸島の風景

二見港

初寝浦

ウェザーステーションからの夕日

このページにある画像の掲載にあたっては、撮影者の承諾を得ています。
また、転載については撮影者の許可が必要となります。

ジョンビーチとジニービーチ

おがさわら丸出航時の見送り

お問い合わせ先

国土交通省国土政策局特別地域振興官付小笠原振興係
電話 :03-5253-8111(内線29-723)
直通 :03-5253-8424

ページの先頭に戻る