海事

船員労働災害防止優良事業者(一般型1級及び2級)認定制度について

 船員の労働災害については、昭和43年を初年度とする船員災害防止基本計画の実施以降、関係者の努力により大幅に減少してきました。一方で、災害発生率の減少度合いは、近年、緩慢化しており、さらに陸上労働者の全産業平均と比較して、災害発生率は依然として高い状況にあります。  このことから、船舶所有者など関係者による船員の労働災害防止に向けた自主的な取り組みの促進を図るために、個々の船舶所有者の自主的努力を評価し認定する「船員労働災害防止優良事業者(一般型)認定制度」を平成18年7月21日に創設しました。  また、船員労働災害防止に向けた取り組みの更なる促進のため、認定の有効期限が満了となる認定事業者を対象とした「更新制度」も導入しました。  

 【認定を受けようとする方】
 ・船員労働災害防止優良事業者(一般型)認定の募集について

 【認定の有効期間の更新を受けようとする方】
 ・船員労働災害防止優良事業者(一般型)の更新について

※認定事業者(平成29年9月1日現在)
  「船員労働災害防止優良事業者(一般型1級)」
   91社(外航2社、内航35社、旅客船23社、その他31社) 
  「船員労働災害防止優良事業者(一般型2級)」
   40社(内航20社、旅客船8社、その他12社)

 ●船員労働災害防止優良事業者一覧(一般型1級)
 ●船員労働災害防止優良事業者一覧(一般型2級)

お問い合わせ先

国土交通省海事局船員政策課労働環境対策室
電話 :(03)5253-8111(内線45-143、45-144)
直通 :03-5253-8652

ページの先頭に戻る