海事

船員養成

国土交通省所管の船員教育訓練機関による船員の教育及び訓練

  私たちの毎日の生活に必要な物資を安全に輸送するための船舶を運航する職務に従事する船舶職員として乗り組むためには、船舶の航行する区域、大きさや推進機関の出力等に応じた海技士の免許を取得する必要がありますが、船舶職員の養成施設として国土交通大臣の登録を受けた教育機関の課程を修了した者は、その登録を受けた養成施設の種類に応じ、それぞれの海技士国家試験において筆記試験が免除されます。

  国土交通省では、船員教育訓練機関として、船員養成のための学科教育と練習船による航海訓練を通じた一貫教育を行う独立行政法人海技教育機構を所管しています。

1 学科教育
  船舶の運航に関する学術及び技能を教授することを目的に、中学校卒業者を対象とした海上技術学校(4校)と高等学校卒業者を対象とした海上技術短期大学校(3校)があり、船員になろうとする者に対する「海技資格の取得等を図るための教育(資格教育)」を実施しています。また、海技大学校では船員を対象とした「実務能力の向上等を図るための教育(実務教育)」を実施しています。

2 航海訓練
  船舶の運航に関する知識及び技能を修得させることを目的に、海上技術学校、海上技術短期大学校のほか、商船に関する学部・学科を置く国立大学(2校)、国立高等専門学校(5校)の学生及び生徒に対して練習船による航海訓練を実施しています。

  国土交通省所管の船員教育訓練機関及び関係船員教育機関から船員として就業するまでの過程については、航海士・機関士までの道 をご参照ください。
  国土交通省所管の船員教育訓練機関及び関係船員教育機関へのリンク

お問い合わせ先

国土交通省海事局海技・振興課船員教育室
電話 :03-5253-8111(内線45163)
直通 :03-5253-8650
ファックス :03-5253-1646

ページの先頭に戻る