海事

モーターボート競走

モーターボート競走とは

モーターボート競走は、いわゆるボートレースのことで、6艇のモーターボートで1周600mの競走水面を3周する競技であり、競馬、競輪、オートレースと同じ公営競技の一つです。

施行者(主催者)は地方公共団体であり、全国24の競走場で熱戦が繰り広げられています。

モーターボート競走について詳しくはこちら(BOATRACEオフィシャルウェブサイト)
 

モーターボート競走の魅力

モーターボート競走は他の公営競技と違い、水面で行われる競技です。一般の人にはあまり馴染みのない特殊なボートで、水面を時速約80km(体感速度は時速約120km)で滑走します。他の艇とぶつかりあうこともあり、まさに水上の格闘技と呼ばれています。

 最近では、競走場の施設も様変わりし、女性や子どもが快適に過ごせる専用ルームやグループ・カップル席を設置するなど、快適な施設となっています。

    

また、ナイターレースを実施している場もあり、仕事帰りの一時を楽しめる場を与えてくれるところも一つの魅力です(カクテル光線が非常に綺麗です)。

   画像4

 

モーターボート競走の目的

モーターボート競走は、モーターボート競走法により、「海事関係事業、公益事業の振興」と「地方財政の改善」を図ることを目的に行われています。

「海事関係事業、公益事業の振興」という目的を達成するため、施行者は、売上金の一部を船舶等振興機関として指定を受けた公益財団法人日本財団に交付し、交付を受けた公益財団法人日本財団は、船舶関係等の海事関係事業、社会福祉関係などの公益事業に対して助成金を交付しています。

具体的な助成事業や金額はこちら(日本財団HP)

また、「地方財政の改善」の目的を達成するため、施行者は、売上金から払戻金や必要経費などを除いた額を収益として、そこから施行者の一般財源に繰り出し、教育費や土木費に充当しています。

具体的な売上金額や使途はこちら(全国モーターボート競走施行者協議会HP)
 

近年の動向

施行者、競走会等の競走に係る関係者は、女子賞金王を決定する女子賞金王決定戦競走の開催や、公営競技の中で最も早く競走を開催するモーニングレースの実施、開催日数の拡大、場間場外の発売日数の増加、場外舟券発売場の新設、インターネットや携帯電話を活用した広域発売の推進、的中した舟券の払戻しを全国どこでも受けられる全国総合払戻サービスの拡大など、ファンの利便性向上のための施策を積極的に展開し、売上げの更なる向上を図っています。


 

お問い合わせ先

国土交通省海事局総務課
電話 :03-5253-8111(内線43-164)

ページの先頭に戻る