海事

海事教育の取組例

 本ページでは、小中学校での海や船に関する教育(海事教育)の実践例を紹介しています。
 海洋教育プログラムについては、こちらまで。

海洋教育プログラムの取組例

小学校5年生社会科

1.
[1]件名:これからの工業生産とわたしたち
[2]実施校:東京都台東区立忍岡小学校5年生
[3]所要:1時間(+コンテナターミナル社会科見学)
[4]指導案等:★指導案ダウンロード(PDF)
[5]関連する指導案:「貿易を支える海上輸送の仕事の様子」
 

中学校地理的分野

1.
[1]件名:中国・四国地方の人々の営み~日本や世界の海運を支える瀬戸内地域の造船業~
[2]実施校:埼玉県鴻巣市中学校2年生
[3]科目・時間:1時間
[4]指導案等:★指導案ダウンロード[PDF]、 
 ★授業資料 A班Shipbuilding News.Vol.7.8[外部リンク:日本造船工業会]、
       B班ダウンロード[PDF]、 C班ダウンロード[PDF]、 D班ダウンロード[PDF]
 ★授業資料 まとめプリントダウンロード[PDF]
[5]関連するプログラム:中国・四国地方の人々の営み

その他の取組

1.
[1]タイトル:海洋国家日本の社会科の在り方を問う -「世界につながる尾道糸崎港」-
[2]作成者:村上忠君(広島大学附属三原小学校契約教諭)
[3]実施報告:https://www.ymf.or.jp/wp-content/uploads/67-06.pdf(山縣記念財団サイト)

2.
[1]タイトル:海上輸送の役割や可能性を追求する単元の開発 -中学校社会科・地理的分野における授業実践を通して-
[2]作成者:郡司直孝(北海道教育大学附属函館中学校教諭)
[3]実施報告:https://www.ymf.or.jp/wp-content/uploads/67-07.pdf(山縣記念財団サイト)

3.
[1]タイトル:持続可能な開発のための教育(ESD)としての海洋教育の推進
  -世界文化遺産「三池港」を中心とした学習カリキュラムの作成と実践を通して-
[2]作成者:古賀正広(大牟田市立みなと小学校校長)
[3]実施報告:https://www.ymf.or.jp/wp-content/uploads/67-08.pdf(山縣記念財団サイト)

4.
[1]タイトル:南陽市海洋キャリア教育セミナーの報告 -内陸部での海洋教育の導入と実践-
[2]作成者:後藤祐希(東京海洋大学大学院生)・猪野忠(前山形県南陽市教育長)
[3]実施報告:https://www.ymf.or.jp/wp-content/uploads/67-09.pdf(山縣記念財団サイト)

お問い合わせ先

国土交通省海事局総務課海洋教育・海事振興企画室
電話 :03-5253-8111(内線43-215)

ページの先頭に戻る