海事

あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?

ライフジャケット(救命胴衣)のタイプ別分類」のコーナーでも紹介したように、様々なタイプのライフジャケットが登場しています。
  • これらのライフジャケットには、タイプ毎にそれぞれの特徴があり、 乗船する小型船舶の用途、航行区域及び構造によって、適当なものとそうでないものとがあります。購入する際には十分な注意が必要です。
  • また、12歳未満のお子さまが着用する小児用救命胴衣は、次の3種類に分類されています。
    (1)体重40kg以上の小児用
    (2)体重15kg以上40kg未満の小児用
    (3)体重15kg未満の小児用
    そのため、お子さまの体格に合うものを選ぶ必要があります。

あなたが着用するライフジャケットのタイプ(PDFはこちら

(なお、船舶検査を要する小型船舶は、この一覧表で示したタイプのライフジャケットを、法定備品として搭載することができます。)
乗船する小型船舶の種類 乗船者 ライフジャケットのタイプ ※[3]
操縦免許 船検 用途 航行区域 構造 Type A Type D Type F Type G
※[1]
漁船 ※[2] 海岸から12海里を超える区域 ――― すべて        
旅客船
(旅客定員が12人を超える船舶)
――― ――― 小児 小児用      
12歳以上の者        
その他の小型船舶 沿海区域以遠 ――― 小児 小児用      
12歳以上の者        
沿岸区域 ――― 小児 小児用    
限定沿海区域 12歳以上の者      
  不沈性能有
緊急エンジン停止スイッチ有
ホーン有
(水上バイク等)
小児 小児用  
  12歳以上の者    
平水区域 ――― 小児 小児用    
12歳以上の者      
不沈性能有
緊急エンジン停止スイッチ有
ホーン有
(水上バイク等)
小児 小児用
12歳以上の者  
漁船 ※[2] 海岸から12海里以内の区域 ――― すべて  
その他の小型船舶 ――― ――― 小児 小児用
12歳以上の者  
  ※: 
     [1]小型船舶操縦士の免許が不要な船舶(ミニボート等)には、着用義務は適用されない(ただし、安全のため着用を推奨)。
  [2]遊漁船であったとしても、旅客定員が12人を超える場合は、旅客船に該当   
  [3]磯等渡しの場合は、型式承認品(桜マーク付)に代えて、浮力を有する釣り専用の安全装具で代替可(ただし、小児を除く。)          

サイトマップ

▽クリックして展開▽

お問い合わせ先

国土交通省海事局安全政策課
電話 :03-5253-8111
直通 :03-5253-8631

ページの先頭に戻る